BLOG

2019.06.21

撃投タフクライムバッグ65

●釣行日:2019年6月16日
●ポイント(場所):愛媛県南予
●お名前:マコさん

●使用ルアー/ジグ:撃投タフクライムバッグ65
●使用フック/サイズ:-
●魚種/全長(cm):青物、スズキ

 

今回は釣果報告ではなく、撃投タフクライムバッグ65の使用感についてレポートを書いてみようと思います。

昨年にタフクライムバッグを購入してから今日まで、かなりの回数を磯で使わせて頂きましたので、私なりの感想を書かせて頂きたいと思います。

 

6337652375d0acfc877138

 

私がメインとしている釣りは主に磯での青物とヒラスズキです。

車で磯近くの駐車スペースまで行き、そこから磯まで山道を歩いて下りていくスタイルがほとんどで、荷物はすべてリュックに詰め込み、手にはロッドだけを持つようにしてます。

山道が険しく、時にロープを使用して山道を下る事も度々ある為、手はなるべく空けておく必要があるからです。

そこで必要となるのが、リュックの容量と、タフさと、防水性です。

撃投タフクライムバッグ65は大容量の為、釣り道具やウェアはもちろん、釣れた魚も一緒に入れれるだけの大きさがあり助かります。

次に耐久性ですが、非常に丈夫に作られてます。

木の枝に引っ掛かろうが、岩にぶつかろうが、まず破れる事は無いと思います。

私の場合、かなりハードな使い方をしてますので、まず破れないという事が必要となりますので、こういった面からも非常に助かってます。

リュックはだいたい底から傷み始めるんですが、そこもしっかりと対策を講じられており、特に頑丈に作られてます。

 

13873244825d0acfc87fac2

 

次に防水性ですが、雨の日にも度々使用してますが、まず中に雨が入る事はありませんでした。

あと、リュックを背負ったまま腰辺りまで海に入る事もありますが、リュックの底からも入水する事はありませんでした。

あと、要所要所にDカンやバンドが施してある為、ヘルメットやロープ、マット等も装備出来るのも助かります。

肩に掛ける肩紐部分も布が幅広く、肩への負担が軽減され、腰ベルトも付いており、これが肩への負担をかなり軽減してくれるので助かってます。

様々なメーカーから大容量リュックが発売されてる中で、私は撃投タフクライムバッグ65をオススメしたいと思います

特にこれからロックショアを始められる方などに参考になれば幸いかと思います。

これからも撃投タフクライムバッグ65と共に安全で楽しい釣りを心掛けていきたいと思います。

 

2019.06.21 09:45 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2022年12月
S M T W T F S
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ページトップに戻る