BLOG

2015.09.30

ランディングにハイタッチ

●釣行日   :9月27日
●釣行エリア :三尾
撃投モニター 林田 淳

●使用ルアー/ジグ :ダイビングペンシル
●使用フック/サイズ:STX-58 2/0、撃投PEディスタンススプレー
●魚種/全長(cm) :ヒラマサ

ここ最近大型の気配が濃い但馬エリアの三尾へ前田渡船さんでお世話になってきました!
当日は前々から繋がりがあって知り合った方と初めてお会いする楽しみもあり渡礁までの時間を楽しく過ごさせていただきました。ありがとうございました!

日曜という事もあり三番船で出船、東に船は走り通り岩の西側におろしてもらいました。
朝から潮の流れも良い感じでキャストを繰り返しますが二度ほど北東にある磯の横で飛び魚が飛び出したぐらいで時間は過ぎていき磯際のベイトにしばらく鮫が居着いていた状況でした。先週オフショア中深海ジギング釣行で隠岐の島へ行った際、途中鮫を連発ヒットしていた嫁さんと私は今日も鮫か?いと苦笑い^ ^
でも気づけば狙ってキャストする自分。

そんな感じで迎えまでの時間は残り1時間程、魚からのコンタクトはないが瀬周りに狙いを定め今日一日気になり合間に叩いていた北東にある通り岩の先端と手前のチョボの幅10メートルほどの間のポイントに一点集中。
フルキャストでなんとか届く磯の間を丁寧に通し探ります。
渡船の迎え15分前、ちょうど先端とチョボの間を通し終える頃ルアーの後ろに確実に魚がチェイス、体制を整え誘いのアクションをさらに入れると魚体を出して激しく食ってきました!
瀬のあるやばい方向にキツめのドラグを出して突っ込む為、少し強引にやり取りしました。激しいバイトとなかなかのファイトにアドレナリンMAXです。
ランディングは嫁さんにサポートしてもらいワーワーギャーギャーいいながらも少し手こずりましたがなんとかランディング。
以前の神明間の鰤のランディングの際のフックアウトがあったのでキャッチした時二人ともホッとして思いっきりハイタッチで納竿としました。

image (1)

今回は波も比較的穏やかでしたが一時間おきぐらいにセットがあり低場の磯は少しかぶる状況でした。これからの時期時化る日も増えてくると思います。一歩先に立つ事より一歩手前に下がる気持ちで余裕ある安全な釣行を心掛けてこれからのシーズン皆さんと楽しんでいけたらなと思っております。またどこかでお会いしましたらよろしくお願いします。

image

2015.09.30 10:04 | Categories:撃投モニター
back
index
投稿はこちら
2022年12月
S M T W T F S
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ページトップに戻る