BLOG

2023.12.26

392・ファイアフックがヒラスズキの上顎にしっかりフッキング

●釣行日
2023年12月23日

●ポイント(場所)
蛇ノ鼻

●お名前
中尾

●使用ルアー/ジグ
ローリングベイト

●使用フック/サイズ
ファイアフック1/0

●魚種/全長(cm)
ヒラスズキ

●釣果コメント
急遽、釣りに行けることになり
ヒラスズキ狙いへ行くことになったので投稿します。
当日は北西風10m弱、波高2mほど。
安全には十分配慮し、
身軽な装備での単独釣行です。

朝一に入ったポイントはいいん感じのサラシがあり、
ミノーのサイズを大→小に変えていきながら探りますが、
反応なし。

午後からは少し場所を変更して、
再度同じやり方で魚を狙いますが、
魚からの反応がありませんでした。
太陽も照ってきたところで、
水面を見渡すと3cmほどのベイトを確認し、
ヒラスズキは絶対にいると確信しました。
少しするとルアーの後方からヒラスズキが
追っかけて来るところを目視出来たのですが、
2回目は見切られたのか反応がありません。

またポイントを変更して、
ルアーのリトリーブ速度を変化させたりして、
ようやくヒラスズキがヒットしました。
久しぶりのヒラスズキを引きを堪能しました。

今回はファイアフックを使用した釣果でしたが、
ヒラスズキ特有のえら洗いでもバレることなく、
上顎にしっかりフッキングしており、
不安要素はありませんでした。

その後も少しポイントを変えて、
同じルアーで狙っていると1匹目と
全く同じような掛かり方をしてヒットしました。
ファイアフックの出来の良さを感じました。
今回はヒラ釣行は実に3年越しの釣果とあって
興奮が止みません。

ファイアフックに関しては去年末から使用しており、
青物、トラウト、ヒラスズキと
それぞれ釣果をもたらしてくれましたが、
本当に万能なフックであること。
掛けたらほとんど、バレないという印象です。

ヒラスズキに関しては、
これまでトリプルフックを使用してきましたが、
えら洗いをされると掛かっていない別のフックが
魚体に掛かってしまい
魚へのダメージを与えてしまいますが、
今回のシングルフック仕様は
ほとんど、傷を与えなくて済んだので良かったです。
釣った魚を綺麗に写真に収める意味と
リリースさせるには持ってこいのフックです。

2023年も残りわずかですが、
おそらく今回が釣り納めとなると思います。
釣りに行ける日にはなるべくいきたいと思いますが、
いけない日はイメージトレーニングと
自作フックの作製で良い釣りが出来るよう
準備しておきます。
長文お付き合いありがとうございました。

2023.12.26 09:18 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2024年2月
S M T W T F S
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

ページトップに戻る