BLOG

2022.09.22

272・レイドバックから伝わる潮圧の感じは水中の状況をイメージしやすい

  • 釣行日:2022年8月28日
  • ポイント(場所):宮城県 県北 地磯
  • お名前:ジガージャンキー
  • 使用ルアー/ジグ:撃投ジグ レイドバック100g、撃投ジグ85g ピンクグロー、ブルピンゼブラ
  • 使用フック/サイズ:ファイアフック  4/0 ツイン仕様
  • 魚種/全長(cm):ショゴ30cmくらい

 

 

皆さん、こんにちは。

 

今回も貧果となりますが、魚のヒットに至るまでの状況をレポート致します。

 

当日は若干波と雨の予報でしたが、思いのほか波は低く、雨も気になる程度ではありませんでした。

そして時間帯は、午前10時頃からのスロースタートでした。

 

海面には潮目が見えておりましたが、海中の状況把握の為、撃投ジグレイドバックからキャストを開始しました。

やはり潮目付近ではジグから伝わる重さが明らかに違い、重い感じと魚が掛かりそうな期待感が膨らみます。

 

キャストを開始して数分、何も起こらず潮目をはっきり感じできたので、撃投ジグ85gのピンクグローで狙っていきますが無反応でした。

 

ジグをレベルの100g、ストライクの85gと変えて潮目付近を狙いますが、無反応の時間だけ流れます。

 

そして、やはり実績のある撃投ジグのピンクグロー85gで狙い通しますが、いい感じのところでもヒットしませんでした。

 

もしやと思い、リーダーをナイロンの80lbからフロロの35lbに変え、ジグはそのまま撃投ジグのピンクグローで、潮目付近をワンピッチで狙うと一投目でヒット!

 

魚の引きから小型と分かりましたが、バラさないようにやり取りしてキャッチしたのは、ショゴさんでした。

 

ササッと写真撮影を済ませ魚をリリース後、ジグのカラーを変えてキャスト。

潮目がまだ良い感じでしたので、少し早めのワンピッチで狙うと連続ヒット!

またもや同サイズのショゴさんでした…

 

魚をリリース後、潮目が薄くなったのでレイドバックに変えて、潮を感じます。

やはり、海中のどこかは重い箇所があり、引き波とは違う重たさの所を丹念に探りましたが、ノーバイトでした。

 

その後もレイドバックで感じた怪しい箇所を、レベルやストライクなどで狙いましたが、ノーバイトのままタイムアップとなりました。

 

レイドバックから伝わる潮圧の感じは、水中の状況をイメージしやすいと言うか、魚が居るかも??

ヒットするかも??

など、良い期待感を感じさせてくれますので、さらに集中して狙う事が出来ました!

また次回もジグから感じる感覚を基に、イメージと妄想を膨らませながら、釣行を楽しみたいと思います。

 

今回使用しましたタックルは、以下になります。

 

使用タックル

ロッド:ダイコー クロスブリード 100XH

リール:ダイワ ブラスト4500H

ライン:撃投PEフラッシュ 4号

リーダー:ナイロン 80lb→フロロ35lb

フック:ファイアフック 4/0 ツイン仕様

Cultiva ボールベアリング4号

Cultiva スプリットリングハイパーワイヤー#7

Cultiva ソリッドリング 5.0mm

 

2022.09.22 09:18 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2022年10月
S M T W T F S
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ページトップに戻る