BLOG

2022.08.02

205・通い続けた事が無駄では無いことを確信

●釣行日
2022年7月30日

●ポイント(場所)
兵庫県北部沖磯

●お名前
こおり魂

●使用ルアー/ジグ
撃投ストライク

●使用フック/サイズ
ブルーチェイサー 5/0

●魚種/全長(cm)
ヒラマサ/63cm

●釣果コメント
灼熱に照りつける太陽の下で今回は釣り仲間と沖磯釣行に行って参りました。

朝イチトップで青物らしきものが喰ってくれて、初動で軽くのされた所を無理くり追い合わせしたらバレてしまいました。

それからトップには反応が無くなってしまい、ジグに変えて一投目。いつも通りストライクを使用し、ハイピッチスローピッチ止めを意識してしゃくっているところを中層付近でドンッと来てくれました。

同行者が朝イチナイスサイズのダツを釣ってたので自分もダツかなと思っていたのですが、バレたと思うぐらい急に手前に走り出した為、テンションを緩ませないように早巻き。
そこから突然斜め下に猛烈に潜ろうと叩かれました。
冷静に対処して上げたところ、ロックショア始めて1年半ずっと追い求めていたヒラマサさんでした。
関西の日本海側はとにかくヒラマサが釣れないイメージが強く、自分もそう思いながらも通い続けた事が無駄では無いことを確信しました。

サイズこそは全然ですが、初めて青物を釣った時並みの嬉しさを感じました。

このサイズでヒラマサの掛けてからの動きを体験出来たのは逆にラッキーだと思うので、参考にして今後はサイズアップ目指します。

7月の釣行は高知オフショアでカンパチ、和歌山沖磯でヤズ、そして今回の人生初ヒラマサでサイズ関係なく青物御三家を三連続釣行で達成することが出来たのも最高の思い出となりました。

また、前回はハチに襲われたので今回はおにやんま君も初同行したところ、ハチには襲われず逆に幸福のトンボ達が近寄ってくれました。
釣果はそのおかげかも知れません。

忘れられない嬉しい7月となりました。

 

2022.08.02 08:27 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2022年8月
S M T W T F S
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ページトップに戻る