BLOG

2018.07.02

アシストフックを握りしめて

●釣行日    :2018. 6.30
●ポイント(場所):島根半島沖磯
●お名前    :モッキ

●使用ルアー/ジグ:撃投ジグ40g85gグローピンク、ラピード130 160、Metalmaru28
●使用フック/サイズ:ST56#1#1/0、ST-46TN#8、ジガーライトホールド3.5ツインフックで使用(担当者SPアシストフック)
●魚種/全長(cm):ツバス・マルゴ 40~60cm 無数、豆ヒラマサ40~55cm 無数

 

前回投稿したレポートから一か月後、いつものように撃投ブログを読みビックリしました![担当者より]のタイトルが私と息子の事が書いてあり、尚且つアシストフックを制作して頂きプレゼントなんて・・・(涙)

①

OWNERの皆様 担当者 吉成様 本当にありがとうございました。

 

そして、アシストフックが届き私が制作している物と見比べて色々勉強させていただきました。

②

 

息子にも今回の件を説明し「よし!レポートでお返しをしよう!」となり、島根半島沖磯へ、前日の雨・風で出船が危ぶまれましたが、船長から「何とか行ける」と連絡を頂き行ってきました。

 

 

朝一息子は、ダイビングペンシルで表層、私はジグで広範囲に探る作戦で開始しました。

一投目から息子ヒット!ヒット!!ヒット!!!今回も息子が止まりません。しかし今回はサイズがイマイチ・・・

 

③

 

私は、今回も釣りを中断し息子にブッコ抜きランディング・爆釣の時にありがちな雑な釣りをしないよう!にと再度教え実践しました。(やっぱり親としてはこの時間が一番楽しかったりして・・・)

 

④

 

 

ある程度息子はトップで釣りあげたので、早々にジグ&担当者 SPアシストフックに変更しました。

ジグでも爆発!しかも豆ヒラ!アシストラインが切れるまで釣りまくり!子供は加減というものを知りません。

 

⑤

 

 

私も、豆ヒラを数本釣りあげタックルを持ち替えキジハタ狙い!一投目にヒット!

 

⑥

 

今回は、サイズこそイマイチでしたが息子が頂いたアシストフックで爆釣出来た事が大変嬉しかったです。勿論10時には60Lのクーラーが満タンになり強制終了となりました。

 

2018.07.02 09:21 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2022年9月
S M T W T F S
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

ページトップに戻る