BLOG

2022.07.14

170・夏磯を満喫してきました

  • 釣行日:2022年7月10日
  • ポイント(場所):愛媛県・某地磯
  • お名前:マコさん
  • 使用ルアー/ジグ:KM工房・ガイナ180
  • 使用フック/サイズ:カルティバSTX58  2/0
  • 魚種/全長(cm):60cm

 

 

皆さんこんにちは~!

7月も中旬を迎え、いよいよ夏本番がすぐそこまでやってきました。

夏のロックショアといえばやはりカンパチですね~!

 

コロナウィルスが蔓延してからというもの、夏カンパチを狙いに行けていなかったので、今回カンパチを狙いに行くのは約2年ぶりくらいかな…

久しぶりのカンパチチャレンジにめちゃくちゃワクワクしちゃってます。

やっぱ釣りって、このワクワクする瞬間がたまらないですね。

40年以上釣りしてきて、子供の頃に味わったワクワク感と、今のこのワクワク感って何も変わらないってのが釣りの素晴らしいところだと思います。

釣りに行く前日なんて、未だに目をキラキラさせちゃってますからね!

笑っちゃいますよね~(笑)

 

さて、今回は広島から友人がわざわざ愛媛まで遊びに来てくれたので一緒に夏磯を満喫してきました。

 

沖磯と違って地磯からカンパチを狙う際に必ずと言っていいほど、朝マヅメの一瞬の地合いのタイミングは絶対に外せないんですよ!

夜明け前のローライトから夜が明けだすこのタイミングがカンパチの1番の狙い目になりますので、それを計算に入れて少し早めに起床してしっかりと支度を整えていきます。

あとは潮のタイミングが朝マヅメとバッチリ合ってさえいれば、何かしらの魚の反応はあると思うので、期待に胸を膨らませながら真っ暗な山道を歩いて地磯へと向かいます。

まだ辺りは真っ暗で涼しいとはいえ、さすがは夏のロックショア…

7月でも山歩きして地磯に辿り着く頃には、そりゃもうびっしょりと汗だくでした。

磯に到着して少し体をクールダウンさせながらタックルの準備をしていきます。

その時に大事な事は、タックルの準備に合わせて海の状況もしっかりと観察しておく事も忘れてはいけませんね。

潮の流れはもちろん、波のウネリ具合、風向き等…

海の状況を把握せずにいきなり磯際に立つのはかなり危険な行為ですから、磯に着いたらまず釣り開始までしばらく海を眺めながら海の状況を確認し安全な立ち位置は何処かをしっかりと把握しておくようにいつも心掛けておきたいところです。

全てにおいて早め早めのゆとりある行動が安全に楽しく釣りすることに繋がっていくと思います。

 

さぁ、タックルの準備も済み、東の空が薄っすらと明るくなり始めましたのでいよいよ釣り開始です。

 

キャストしたルアーはまだまだ目視出来ないくらい辺りは暗い状況からのスタートです。

何気に普段から目で追いながらルアーの動きを見てルアーアクションを確認するのではなく、ルアーを目視しなくても常にルアーのアクションが竿先から、手に取るように感じれるくらいに日頃から練習をしておくと、暗闇の中でもトラブルレスで釣りが出来ますから、朝一の暗闇の中で絶好のチャンスを逃す事なくしっかりとイメージ通りに優位にゲームプランを組み立てれる事が出来るのは大きなアドバンテージになると思います。

 

月夜に照らし出された漆黒の海に薄っすらと潮のヨレが見えてます。

まずは、KM工房のガイナ180で探りを入れます。

暗いうちはアクションは派手に動かさずなるべく小さめに…

ゆっくりとしたアクションで誘いを入れてみると、開始3投目にいきなりドスン!っと竿先を持っていかれる強いアタリが!

アワセを入れてみるが、ビクともしない…

デカいゴミが引っ掛かったのかと思った途端に、いきなりドラグをフルに出すほどの強い引きがっ!

しばらく魚が弱るのを待ってみるが、時折首を振りながらドラグが止まる事なくどんどんラインが出されるがままなので、手でスプーンを押さえ込みテンションを強めに掛け、少し強引に魚を制御してみる事に!

あとはしっかりとフックが良い場所に掛かってる事を願うばかりです。

が…

やはり少し力任せに強引にやり過ぎたか…

途中で身切れしてしまい、まさかのフックアウト。

まぁ、どのみち遅かれ早かれ身切れしてただろし…

ただ、何の魚だったのかが気になります。

久々の大物だっただけに仕留めたかったなぁ…

 

でも、デカい魚が居てる事は確認出来ただけでも良かった。

狙いのポイントは間違っちゃいなかった。

 

それから少し反応が無く、狙いのポイントを流れの本流筋へと変えたら見事な食い上げファイトで60cmくらいのネイリをゲット。

坊主逃れの嬉しい1本となりましたが、釣れたネイリのすぐ後ろを軽く一回りはデカいカンパチが追尾してたのを目視。

出来たら…そっちが掛かってくれたら良かったのに(笑)

その後は、カルティバ 撃投ジグ・レイドバック100にヤズを1本追加。

 

久々の初夏のカンパチ釣行でしたが、気の合う仲間と終始笑いの絶えない楽しい釣行となりました。

釣りはやっぱ楽しんでなんぼなんだと改めて思いました。

これからも全力で釣りを楽しんでいきたいと思います。

 

2022.07.14 09:18 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2023年1月
S M T W T F S
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ページトップに戻る