BLOG

2019.12.09

嬉しい一本

●釣行日:11月30日・12月1日
●ポイント(場所):北部九州離島
●お名前:気ままなショアジガー

●使用ルアー/ジグ:撃投125グラム・撃投ストライク
●使用フック/サイズ:ミディアムロック11/0・st66 3/0~5/0
●魚種/全長(cm):ヒラマサ5、5キロ

 

お疲れ様です。山陰離島を予約していましたが
時化のため土曜日日帰りになるとのこと。。

どうせなら瀬泊まりしたいなと思いましてエリアを大きくかえて
北部九州の離島へ行ってきました。

土曜日昼の13時出港のため節約で下道で400キロ以上頑張りました!
途中仮眠して12時間くらいかけて渡船場に到着。

久々に船長と会い話がはずむ。

わざわざTさんも見送りにきてくれてありがとうございました。
次回はまた一緒に投げましょうね。

そしていざ出港。

希望の磯に14時ころあがり
まずは準備してプラグにst66 3/0をセットして投げはじめる。

潮はゆるーく流れているがなにもない。。
撃投125グラムにミディアムロック11/0をセットして投げる。。

フルキャストで15メーターあるなし、手前は10メーターあるなしのシャロー。
しかし、シャローエリアのジグは地磯でいやというほどやってきたんで問題なし。

反応ないので夜の寝床をつくりに一度竿を置く。

DSC_0036

テントはっておりてjigをしゃくってみるとまったく潮がスカスカ。。

こりゃあいかん。
プラグにタックルにもちかえて回遊まち。。

夕まずめ暗くなりはじめたとき。。
ルアーの50センチくらい後ろででっかい渦巻きができた。

でかいぞこれは!

興奮しながら操作するも一発だけで追いかけてこなかった。

悔しいが仕方がない。

気持ちをかえてスーパーで買ってきたアジを餌にクエを狙う。
餌とりの当たりが多いが何もないよりは気持ちが持つ。
 
しかし、、

 

しかし、

 

目の前をはえ縄の船が何隻か入ってきて一時間うろうろ。やめる気配はない。
気持ちが萎えてしまった。。

三時間ほど頑張ったが次の日のヒラマサにかけて夜飯にして、ビールを流し込む。。
磯に一人なんで最高ーと叫びながら自然を全身で感じる。

磯にたてるだけ幸せだー!

明日はヒラマサが釣れますようにと祈りテントで就寝。

朝イチに知り合いのJK釣りガールが同じ磯にいることがわかり
一緒に投げることに!!

さあさあ朝10時回収なんで時間がない。。
まずはプラグから投げたおす。。
潮がきいていて今にもでそう。。

しばらく投げていると小さそうだが後ろでバシャッと魚がでた。。
のらないのでもう一度ダイブさすもまたも追い食いしてこない。。

ん↓難しい。。

そしてちょっと沖をみるとペンペンがナブラをおこしているじゃありませんか!
50センチくらいのペンペンだからジャコでも追いかけてるのかな?

ん??

 

ナブラ??

 

えーペンペンがベイトじゃー!!

 

小さく見積もってメーターオーバー が二発でる。。

 

その後にでたのは凄まじかった。。

 

ペンペンがしっぽではたかれた後に畳一枚くらいの波紋がでましたから笑

 

うわあでかいでかい!

うぉー

でけえ!

JK釣りガールをよそにおっさん大興奮。。

投げろ投げろと叫びながらひたすら投げてました。。

しかし、一度僕のルアーの後ろに波紋がでただけで
それからは何もない。。

40センチくらいのプラグがいるな笑
そう思って足下を見るとキビナゴがぎっしりギラギラ。。

こりゃあjigなら食うはず。

jigタックルにもちかえて数投目。
ストライク105グラムの新色にミディアムロック11/0をセッティング。

少々105グラムにはフックが大きいが
でかいのがいるとわかっている以上安心できる11/0にした。

まあいっつもでかいフック使ってますからいつも通りですが笑

回収一時間前

数投目でボトムから止めをいれたワンピッチで激しくロッドが引っ張られた。

シャローエリアでのヒラマサはやはり最初からフルパワーの個体が多い。
あわせをいれてゴリゴリまく。。

最初はもっとでかいかと思っていたがおそらく5キロ6キロくらいだと思いゴリゴリ巻く。

足下で突き出た瀬に向かって少し突っ込まれたが想定内だったので巻きながら足場を移動して浮かす。。

足場がまあまあ高さあったのと
絶対はずれない位置にミディアムロック11/0ががっつり貫通していたため
釣りガールにリーダーをつかんでもらいランディング。

87の5.5キロのヒラマサ。

DSC_0056

DSC_0054

今年は新色jigではヒラゴしか釣れておらず、jigを送ってもらってるからには
年内によいサイズ釣りたかったんで特大ではないが素直に嬉しい一本でした。

そして、まだまだキビナゴがギラギラしているので釣りガールに投げてもらう、
ストライク105のイワシカラーで釣りガールにもヒット。。

頑張れ頑張れ!

なんなくよしてきて抜きあげたのは60センチくらいのヒラマサ。

DSC_0057

この娘やるなー!

磯が大好きみたいでよくお父さんと一緒にきてるみたいで、
熱い気持ちを秘めた釣りガールという言葉でまとめれない、
一人の立派な磯釣り師でした。

 

そして僕は納竿。。

まだまだやりたかったが帰りの運転の体力考えたら限界でしたわ笑

 

今年も12月。

1ヶ月怪我無くよい釣りをしていきたいです。

2019.12.09 09:55 | Categories:撃投釣果投稿
back
index

ページトップに戻る