BLOG

2019.04.24

指切り約束

●釣行日:2019.4.21
●ポイント(場所):島根半島沖磯
●お名前:モッキ

●使用ルアー/ジグ:撃投ジグ 85gブルピン ディープパープル、ストライク 85gフレイムゴールド 105gブルピンゼブラ
●使用フック/サイズ:ジガーライトホールド3.5ツインフックタコベイト使用
●魚種/全長(cm):マルゴ64~81cm9匹、コマサ62cm1匹

 

季節も変わり、島根半島沖磯も渡礁が出来る日が多くなってきました。

今回は、大阪フィッシングショーにて吉成さんとの指切り約束!

01

頂いた新色ジグにて釣果をと胸に部活をズル休みの息子と釣友とで釣りに行きました。

 

 

朝一、少し波もあり雰囲気抜群でした。

急いでタックルを準備して、息子はトップ・私はジグにて開始しました。

 

息子が一投目から水面炸裂!ヒット?!
「マジか…」大人達は唖然!
しかし、瀬際にて突っ込まれて耐えきれずフックアウト。

私もジグ一投目からヒット!
順調に寄せてきたが何故かフックアウト…
親子揃ってバラシ、魚が散ってしまう。

しかし、この日は違っていました!

モーニングサービスは継続!
息子も私も釣友もヒット!ヒット!ヒット!

02

03

04

しかし、全員バラシが多い!
少し冷静になりバラシの原因を考えてみた。

 

・本潮がガンガン流れており魚がサイズ以上の引き重量感が有りうまく浮かせれず瀬擦れ!フックアウト!

・ショートバイトが多く食いが浅い

 

釣友と相談し、いつものゴリ巻ファイトを封印し沖で一定のテンションをかけてしっかり弱らせてから寄せてくる!

作戦が的中しキャッチ率が格段と上がりました。

ショートバイト対策は、新色ストライクの出番です。
シャクリ中のゴンとショートバイトがあり乗らない場合はすかさずフォール!ラインがジャーと出て鬼フッキングしガッツリ魚にかける!
ストライクの特性を活かした釣り方だと再認識しました。

05

06

07

08

 

あとこの日は、釣友が連れてきたエキスパートグレ釣り師がショアジグ初挑戦!
マルゴ三本ハマチ二本の好釣果!
一本目のマルゴを釣り上げた時のキラキラした目!私たちが忘れかけていた何かを思い出させてくれた瞬間でした。

09

10

11

12

 

welcome to gekitou world

「キ-プキャスティング。いつか衝撃があなたを襲う。竿を置くな。休んで釣れるつりじゃない。竿を置くな。投げ続けようぜ。」

2019.04.24 09:26 | Categories:撃投釣果投稿
back
index

ページトップに戻る