BLOG

2016.06.09

上げ潮のタイミング狙い

●釣行日    :6月5日
●ポイント(場所):淡路島
撃投モニター 林田 淳

●使用ルアー/ジグ :ダイビングペンシル160F、撃投ジグレベル180g、DUO タイドミノーLD、JUMPRIZE SURFACE WING147F、Rowdy130F
●使用フック/サイズ:STX58 2/0 ジガーライト段差ホールド3/0
●魚種/全長(cm) :メジロ、ハマチ
●使用ライン:撃投PEフラッシュ2号.4号(撃投PEディスタンススプレー

 
午後から時間が空いたので上げ潮のタイミング狙いでお昼頃に家を出て近郊の淡路島へ行ってきました。

今季の神明間、淡路島も例年通り好調の様子です。
ポイントへ着くとちょうど干潮を迎えておりこれから徐々に上げてくる様子、当日は大潮だけあって干潮はいつもより足元の地形の様子がよくわかります。

沈み根のある位置など把握しある程度の狙い目を自分なりに絞りながらタックルをセッティング。

まずはジグをキャストし沖から足元、瀬周りの潮流の変化を感じながら探り、沖から次々に流れてくる潮のヨレなど表層付近をダイビングペンシルで探りますが

状況的にもいまひとつ自分的にパッとしない様子。

image (4)
ヒラスズキタックルに持ち替えミノーをキャストしルアーアクション、コースともにしっくりきた感じで一旦落ち着きます。あとは魚が通れば食ってくれると信じてキャスト。

潮流があたる根の裏側付近に差し掛かった頃いい勢いでミノーをひったくってハマチがヒット。バイトシーンも見えファイトも十分楽しませてもらってキャッチ。

image (1)
その後は同じ付近でメジロとハマチと同じパターンでヒットし、狙えばまだチャンスはありそうでしたが釣った魚を美味しく頂くためにも早めに納竿としました。

image (2)

image (3)

これから梅雨に突入。天候の崩れる日も多くなりますが、安全対策など十分に心がけ時間が許す限り足を運びたいと思います。

 

image

 

2016.06.09 09:29 | Categories:撃投モニター
back
index
投稿はこちら
2022年10月
S M T W T F S
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ページトップに戻る