BLOG

2022.12.01

スーパー一文字での五目釣り

釣行日:2022年11月26日~27日
ポイント(場所):島根県隠岐 御波一文字
名前:担当者2
使用ルアー/ジグ:投次郎40g
使用フック/サイズ:STX-58#4+マスクドスピンM
魚種/全長(cm):アコウ25~45cm4匹、ガシラ&ウッカリカサゴ~25cm10匹ぐらい、メバル~27cm10匹ぐらい、アジ他

先週末は磯泊まり2回目という初心者の同僚と島根県の隠岐へ釣行しましたが…この日は夜中に波が急激に上がる予報だったので、無理をせずに前回根魚などが爆釣した御波一文字で波止泊まりして二日間楽しむことにしました。

4時に出船し、6時頃に到着。
私達2名の他に予報が悪かったせいか6名が一文字へ。

まず朝まずめに青物を狙いますが、少し波気があって釣れそうだったものの、端のほうでハマチらしき青物が上がったのを見かけたのみ。
通り雨に見舞われつつしばらく頑張りましたが、トップにも、ジグにも全くノーバイト。

今回は試しにサザエを餌にカブセ釣り風にイシダイを狙ってみようと、サザエを割ってパラパラ撒きながら足元を狙いましたが、本命らしきアタリは1回あったのみで、ガシラがポツポツ釣れたのみ。
前にここでセトガイを使った時はイシダイやコブダイが当たったのですが…。
サザエを使うなら探り釣りで狙ったほうが良いのかもしれません。
何事も試行錯誤ですので、また別の機会に試してみます。

日が上がったタイミングでお土産狙いの投次郎+マスクドスピンでのブレードジギングでは、前回のアコウ爆釣とは打って変わり、アコウはポツポツで、ウッカリカサゴやガシラがメイン。
後で船長に話を聞くと、水温が下がって深場へアコウが移動しだしたとのこと。

夜はアジングやメバリングを楽しみましたが、アジはワームよりもオキアミボイルでの虫ヘッド釣法に好反応でした。

一応クエ狙いもしましたが、用意したエサのイワシは全く齧られず、アジングで釣れた活きアジを泳がせてみても、アオリイカに弄ばれたのみ。

翌朝は薄暗い時間からベイトフィッシュの姿がよく見え、潮もほんのり動いていて釣れそうな気配がプンプン。

BC-γ60-180(フックはST-66#2/0)をワンピッチメインでゆっくり泳がせていると、2度派手にバイトしたものの、一瞬フックに触ったぐらいで、あと1度ルアーの後ろにモワっとでただけ。
朝まずめの短い間の出来事だったので、その後に期待しましたが、ひたすら投げ続けるも無反応。

同僚はジグでハマチを1匹釣り、根魚狙いの投次郎の回収時にツバスを1匹釣ったぐらい。

ベイトフィッシュは非常に多く、キビナゴと小さいイワシと小アジでしょうか。
常に波止周りを走り回っているものの、何かに追われている気配は全くありません。

何があるかわからないので、回収の1時間前にジグ用タックル1本だけにして、荷物も全て片付けた状態でギリギリまで投げ続けましたが…遠くからエンジン音が聞こえたので、12時20分に納竿としました。

今後冬型に入ると隠岐への出船率はぐっと下がりますが、意外と12月は良い釣りができることが多いので、休みの日に凪に恵まれたら、年内にもう一度ぐらいは隠岐にチャレンジしたいと思います。

余談ですが、釣れたアコウを鍋にしたら、めちゃくちゃ美味でした。

アコウはお土産に最高です。

 

担当者2 西浦伸至

2022.12.01 09:18 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2023年2月
S M T W T F S
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

ページトップに戻る