BLOG

2022.09.21

268・初物

  • 釣行日:2022年9月9日
  • ポイント(場所):鹿児島県薩摩川内市
  • お名前:ハーレーダビットソン
  • 使用ルアー/ジグ:撃投ボディプロテクターcool、ビッグバッカーHW
  • 使用フック/サイズ:STX58/6、STX45/8
  • 魚種/全長(cm):スジアラ/55cm、シオ/30cm台3本

 

 

 

5:30出船、6:30頃スタート

この磯は凪ぎでも朝マズメはヒラスズキがいるので(はず)、シーバスロッドにVJ28で瀬際を通します。しかし、ヒットしたと思えばダツ。初物です。

 

青物狙いに切り替えますが時間だけ過ぎていきます。

ようやく10時頃にこちらも初物のシオが連発しますが、サイズは30cm台ともの足りません。

 

そのうち向かい風が強く吹き出し潮流も左に激しくなりました。ミュートスソニオと15ソルティガ4000HにビッグバッカーHWをセットして、気になっていた左の瀬際に風と潮流でドリフトさせて、狙い通りの瀬際のボトムに着底させます。ハンドル3回転くらいで「ズドン!!」何か分かりませんが瀬際を力強く泳ぎます。ソニオも稀に見る曲がり方です。無理やり浮かせると赤い?スジアラちゃうん?良い波が来たのでズリ上げ御用となりました。55cmとスジアラとしては中型?と思いますが嬉しい初物です。フックはフロントとリアが掛かっており二つのフックは無事です。センターのフックはスプリットリングが伸ばされ見当たりませんでした。帰宅してスジアラを解体してもやはりフックは見つかりませんでした。どうなってこうなったのか見当がつきません。

DSC_0060

タイドプールでスジアラを血抜きしてフックを付け直してキャストからドリフトを再現します。着底も決まりほぼ同じコースを巻いてきます。同じところに上手く入ったな~と感心しながら巻いていると「ズドン!!」いきなりドラグが唸ります。完全に油断しており体制を崩されたまま耐えるのみ。根ズレの感触を感じてすぐ体制を整えようとした途端にリーダーがブレイクしました…

油断しました。とはいえ油断していなくても獲れたか怪しいですが(苦笑)。

 

昨年春に関西から転勤して生活にも慣れた昨年9月からソルトルアーに復帰しました。沖堤防や沖磯に通い初物はブリ、スマガツオ、ハガツオ、サワラ、アカハタ等々釣れたことと、ショアからクーラー満タンとか関西近郊では味わえない魚影の濃さに驚かされるばかりです。関西ではメジロ1本釣れれば大成功みたいな釣行ばかりでしたから。

 

もう少し季節が進めば初物のヒラマサを撃投ジグシリーズで狙いたいと思います。

2022.09.21 08:52 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2022年10月
S M T W T F S
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ページトップに戻る