BLOG

2022.06.08

113・ドラグの音を楽しみながら格闘すること数分

●釣行日:2022年6月1日
●ポイント(場所):香川県内漁港
●お名前:ふくろう
●使用ルアー/ジグ:撃投ジグ 85g (No.10)ピンクグロー
●使用フック/サイズ:ジガーライト ホールド 3/0
●魚種/全長(cm):メジロ 71cm

 

 

初めて投稿させていただきます。

 

春の青物を狙って地元に帰省していましたが、今シーズンはかなり渋いらしく連敗が続いていました。

そんな中なんとか1匹釣り上げられた喜びと感謝を込めて投稿させていただきました。

 

翌日には地元を発つ予定だったため、ラストチャンスとして日が登る前にいつもの漁港へ。

 

すっかり顔馴染みになった地元の常連さんと挨拶を交わしつつ、空がうっすら明るくなった頃から釣りを開始します。

 

ベイトのサヨリはそれなりに入ってきているようで雰囲気は悪くありませんが、ポッパーやフローティングペンシルを使って表層を誘うも青物の反応はありません。

 

一瞬だけ青物に追われたサヨリが跳ねたものの結局1時間半ほど何も起こらず。

 

今日も厳しいかなと思いながらも、基本に立ち帰りジグでボトムを中心に攻めることにしました。

 

先日地元の釣具屋でたまたま見かけて飛びついたピンクグローの撃投ジグ85g。

 

普段はあまり何も考えずにしゃくっていることが多いのですが、この日は以前GEKITOBLOGさんで担当者の方が紹介されていた誘い方や、前日にYoutubeのオーナーばり公式チャンネルの番組で見た誘いを参考に魚を誘ってみました。(ジグはストライクではありませんし狙いはヒラマサでもありませんでしたが)

http://www.gekito.com/blog/detail/?aid=7597

 

ジグに変えて数投目、2回ほど底を取り直したあとの誘い始めてすぐに急に竿が重くなりました。

 

実は前日に、底の方にロープが入っていて根がかりすることがあると聞いていたので「やってしまったー」と思ったのですが、一瞬間を置いて手応えが伝わってきました。

 

あわてて合わせを入れ、久々に感じる竿の重さや糸が出ていくドラグの音を楽しみながら格闘すること数分。

 

隣で釣りをしていた方にタモ入れをしていただき念願の1匹を釣り上げることができました。

1249275143629f8f2cad3dc

釣り上げたあとは、周りの皆さんがおめでとうと声をかけくださり、メジャーやスケールも貸してくれました。

 

合わせがかなり遅れてしまいましたが、ジガーライトホールドは魚の顎にしっかりフッキングしており、やはりこのフックなら安心だなと改めて感じました。

 

自己記録の71cmに興奮してしまい良い写真が取れていないのですが、この魚を釣らせてくれた撃投ジグとフックに本当に感謝ですね。

 

これからもジグもフックもお世話になります。

 

帰り際に、地元の方から「次は秋のシーズンに帰ってこいよ」と声をかけていただいたので、それまでに腕を磨いておこうと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

2022.06.08 09:13 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2023年1月
S M T W T F S
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ページトップに戻る