BLOG

2022.05.18

但馬のショアジギングでブリ

●釣行日:2022年5月15日
●ポイント(場所):兵庫県浜坂 グンカン(はまさか渡船さん乗船)
●名前:担当者2
●使用ルアー/ジグ/フック:撃投ジグ125g/ジガーミディアムロック7/0自作アシスト(ソリッドリング5㎜+スプリットリングハイパーワイヤー#7で接続)
●魚種/全長(cm):ブリ約9キロ

但馬海岸の磯の青物が本格化してきたので、先週末はぶらり一人で兵庫県浜坂の磯へ釣行してきました。
今年5回目となる但馬の磯ですが、それまでは虫ヘッド釣法での釣行でしたので、青物狙いで但馬へ釣行するのはこれが今年初です。

前日の出船確認の電話で、船長から「明日は波が高いので、奥まった磯にしか渡せないかもしれません。それでも良いですか?」と確認がありましたが、とにかくジグを投げたかったので、問題ありませんと返答。
ダメなら早めに磯上がりして、矢田川の鮎の遡上を見物しに行くだけです。

出船は5時20分。
ハイシーズンなのですが、波が少し高いせいかお客さんの数はまばら。

東の磯にルアーマン1組を下ろし、ワンドにフカセ釣りの方を下ろし、その後私と他お二人の名前が呼ばれ、グンカンへ3人で上がることができました。
ダメ元で釣行して良かった(笑)

S__18276443

グンカン3

グンカン1

 

同礁したお二人はともに単独釣行。
全く知らない者同士でしたので、まずは軽く挨拶を交わして準備をスタート。
波気はありますが、見る限り潮が全然動いていません。

今回はダイビングペンシル用(PE5号)、ジグ用(PE4号)の2タックルしか持ってきていません。
ロッドは撃投トラベラーロッドキャリーにまとめ、リールやルアー、ジグ、この小物類、撮影機材は撃投タフクライムバッグへ。
単独釣行では渡礁時の荷物の受け渡しができないことが多いので、できる限りコンパクトにまとめておく必要があります。

まずはトップで5投ほど反応を見ますが無反応。
潮があまりにも動いていないのでこのままトップを投げ続けるよりも、ジグで広範囲をテンポよく探って活性の高い個体を狙った方が良いだろうと考え、付けていたジグからハイピッチなジャークで多用している撃投ジグ125gのアピール系カラー+ジガーミディアムロック7/0にチェンジ。
ショアジギングをスタートします。

南の強風に載せてフルキャストすると、100m以上飛んでくれます。
着底までは20秒ほど。
ワンピッチジャークをメインに、速巻きやロングジャークを織り交ぜながらジャークを続けます。

スカスカの潮に心が折れそうになりますが、波気はありますので諦めずに投げ続けていると、7時半頃中層で「ドスン」とヒット。

釣り座の前に根が張り出しているので、ヒラマサだったら一気にリフトしないとやられるため、ヒットした直後から強引過ぎるファイトで寄せてきます。
フックはそのための大型のロック1本。
浅掛かりなら仕方ありませんが、しっかりと掛かっていればよほどのことが無い限りは抜けません。

沖でのヒットでしたし、やたら重量感があるので、手前に寄せるまでに結構時間がかかりましたが、姿を見せたのはブリ。

同礁の方にリーダーをつかんでもらってランディングしていただきました。

ありがとうございます。

S__18276447

S__18276452

サイズは9㎏ほど。
丸々としたブリでした。
フックアウトの心配は全くないほど、フックは下あごを深々と貫いていました。

急いで寄せたせいで、磯に上げてもブリは元気いっぱい(笑)
おかげでリーダーに傷が入ってしまったので組み直し、もう1匹を狙ってキャストを再開。
依然潮は動きません。
朝ご飯を早めに食べたせいで10時前には腹が減ってしまい、磯の一番高いところで景色を眺めながら食事(盛岡風冷麺+サラダ巻)をしていると、同礁者の方のジグにヒット。

S__18276445

今度は私がリーダーをつかんでランディング。
80cmクラスのヒラマサでした。

S__18276446
次は私もヒラマサを、と投げ続けるも、その後は小さなアタリらしきものが一回あっただけ。
11時頃から西から東の潮が動き出し、ラストワンチャンスあるかな…とぎりぎりまで投げ続けましたが、ドラマは起こらず12時の船で磯を後にしました。
今年の浜坂は冬の水温が低かったせいか、青物はようやく本調子。
今後はヒラマサが上向くと思いますので、ぜひ釣行してください。
シーズン初期はジグへの反応が良いように思えますので、ジグ各種をお忘れなく。

担当者2 西浦伸至

2022.05.18 09:10 | Categories:撃投釣果投稿
back
index

ページトップに戻る