BLOG

2019.11.11

ジグでのアタリは久しぶり。

●釣行日:2019年11月2日
●ポイント(場所):山陰 隠岐の島
●お名前:澄川涼太

●使用ルアー/ジグ:撃投ジグストライク105.125
●使用フック/サイズ:ロック5/0.7/0
●魚種/全長(cm):ヒラマサ60㎝

 

お久しぶりです。

11月2日~11月3日、隠岐の島にて勝負しました。
9月の男女群島、10月の草垣群島は台風にて流れ、中止。なかなか遠征に行けていない状況でした。

三連休が確保できた為、近場で瀬泊まりが可能、ひょっとしたらデカマサがかかるフィールドを同行者と考えた際にこの場所に行き着きました。

朝3.00に浜吉丸は七類を出港しました。
6.00頃、音部の磯に渡礁。
この日はそこそこ海が荒れており、時折釣り座に波が上がるほど…

開始早々に同行者が40センチ程のスズキをあげ幸先良いスタート。
青物の期待も高まりますが、
トップには無反応。ジグにチェンジ。
左から右にかなり流れる。ストライク125で着底時にはかなり流される為150を使おうかという状態。潮が動いていることと朝まずめ効果を期待しひたすら、キープキャスト。

すると割と手前の着底から10シャクリ目くらいのところでひったくられるアタリが。
釣行にはそれなりに行っているのですがジグでのアタリはかなり久しぶりでした。
このいきなりひったくられる感じ…やっぱりたまらないですね。

9065957325dc5904f5a41b

サイズは60センチほど。小ぶりなヒラマサでしたが、青物の姿を見れて一安心。この後もう一本同じくらいのサイズを確保。
同行者も2ヒット1キャッチ。

時合いは一瞬。
それ以外は反応なし。
限られた条件、チャンスの中から魚を出せたことに喜びを感じました。ショアからだと喜びはさらに大きいと自分は感じます。
夕方に、ケナシに瀬変わりし、明日に備えました。

同行者とも話したのですが、毎回思うことがあります。
磯効果ってやっぱり凄いですね。普段食べている、カップラーメン、焼肉。磯で食べると格別ですね。身にしみました。便利な世の中に感謝です。

腹も満たし就寝。前日の移動など、疲れていた為か、波の音がかなり大きかったですが、爆睡でした。

夜明け前、おでんで腹ごしらえ。これからの時期には外せないですね。

あっという間にラスト勝負。

朝まずめ。
トップに派手に出たものの、チャンスを結果に変えられず今回の釣りを終えました。
見えた魚体がかなり大きかったので、何をしたらあのバイトを拾えたのか…トリプルフックがシングルだったらなど悔しさもなかなかでした。

喜びがあり悔しさがあるのがこの釣りの醍醐味だと思います。全てはうまくいかないものなので、自分で組み立てた釣りが成立した時の喜びも大きいのだと改めて感じました。

いつか自分の思うモンスターとの勝負を夢見て。
また磯に挑戦します。

 

2019.11.11 09:34 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2022年9月
S M T W T F S
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

ページトップに戻る