BLOG

2019.07.17

トップオンリーで

●釣行日:2019年7月16日
●ポイント(場所):但馬竹野
●お名前:クニヤス

●使用ルアー/ジグ:デコマサ2
●使用フック/サイズ:ST56#2/1
●魚種/全長(cm):65

 

7月13日の夜から、嫁さんが、実家に帰ってる事をいいことに(笑)
13日は、船で白いか、15日は、ショア青物、そして16日、ショア青物で、令和初のヒラマサを、獲ることが出来ました!

 

15日は京丹後を攻めに行きましたが、朝から一定のバサバサした波に北東寄りの風で、
トップオンリーで誘ってもミスダイブするわ上潮は軽いわで、エースのトップが思うように操作できず。。。
今日は、止めとこう。と思っていた通り、気分が滅入る一方。。

ひとまず竿を起き、コーヒーを飲み一時間で磯上がりを検討。。
渡船の為に、少し釣り人としてあまり良くない考えが、頭をよぎる。。お金が勿体ない。。と

でも、朝早く起きたし釣りたい気持ちがあり、再びトップで誘うも、風にやられる。
竿を置く、海を眺める、波の変化を見る。投げる!の繰り返し。

しかしチャンスはほんの少しだけありました。

一瞬の風の止み間が出る時があり、その瞬間に投げ、丁寧にミスダイブを減らしゆっくり誘うと、
磯際で魚のチェイス!

そして棹に一瞬手応えが!

 

しかし魚は反転。。抜けた。。。

 

この後の反応は無く、納釣。

 

 

そして、16日。。

やはり、磯の一本が取りたい。あの一本の喜びを。あのドキドキのアドレナリンMAXを味わいたい。
だから効率の良い船では無くついつい磯に通ってしまう。。。

仕事終わりに、いつもの船頭さんに電話。嫁さんがいても、たまに嘘をつき、磯に行ってます(笑)

 

しかし、今日は居ません。
行くしかありません。

正々堂々と行きました(笑)

 

6時15分に港につき、6時30分に磯にあがりました。

今日もトップオンリーで、7時には暗くなるので、残り30分にかけました。

まるで、格闘技です。30分一本勝負。。

 

北東の風です。波はありました。しかしバサバサではなく、モヤモヤした雰囲気のいい波。

手前には、瀬があります。扇状に誘えたのが良かったのか、開始10分。

出たら間違いなくヤバい奥の瀬で、案の定、チェイスからの炸裂。

ズシリとロッドが曲がり、ロッド先端がブルブルなりながら下に向こうとするのを必死に耐えながら巻いて、上げての繰り返し。

手前の瀬に再びダッシュ!

しかし、浮かせました!やった!

でも、タモがない。。

高い磯。。

どうする?どうする?

ごり巻きで、岩に擦らせながら、抜きあげに成功!

 

11167169985d2ddc29ca9c2

 

かかった時は、デカイ??と思ったがそうでもなかったのが残念でしたが、

カルティバのフックがガッチリかかり、高い位置からでも抜きあげに成功したのだと思います。

 

11280938405d2ddc29cd520

13654753845d2ddc29cb5c1

 

サイズこそ小さいですが、たいこうのあるいいヒラマサで良かったです!

最高な気分で磯を後にしました!

 

2019.07.17 09:21 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2022年8月
S M T W T F S
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ページトップに戻る