BLOG

2019.05.28

この日はノーマル「撃投ジグ」で。

●釣行日:2019年5月26日
●ポイント(場所):積丹半島
●お名前:住所不定LocalAngler

●使用ルアー/ジグ:撃投ジグノーマル65g
●使用フック/サイズ:ジガーロック4/0
●魚種/全長(cm):ヒラメ/ホッケ

 

お世話になっております。
3月の札幌フィッシングショーのブースにて、担当者様と指切りをしました。
ご当地北海道も春蝉が鳴き始め、漸く待ちに待ったショアジギングシーズンを、迎えようとするところです。

地磯釣行。
中潮の下げ7分。

ここは、風光明媚な道央圏屈指の、人気釣り場積丹半島。
エントリー容易な人気ポイントにて、人も魚もハイプレッシャーな日曜日だったため、
先にいたアングラー達が、帰るタイミングでのDay Game。

私のパイロットルアーはレベルです、青物に限らずどんな魚でも釣れます。
カラーはその日の気分で・・・。

しかし、この日は東寄りの暖かい風を右から受け、使用したのは撃投ノーマルジグ65gでした。
目視にて、潮が動いてそうな場所を重点的にキャスト。
普段私は、立ち位置・風向き・潮の向きと潮の効き具合・魚の頭の向きをイメージし、
一定のレンジをキープする事を心掛けています。

ワンピッチジャークで、レンジをキープしつつ、リールを3回転でストップ。
これを繰り返したところで”ズンッ”という明確なバイト。
先に釣れたホッケだと思っていたら、重量感がある元気の良いファイトに、少し違和感を感じました。
上がって来たのは、今が旬なヒラメでした。

 

2756472085cebe2a0a669f

 

その後も、フッキングには至らないショートバイトがありましたが、時間になり終了となりました。
ジグは、状況に応じてレベルとノーマルとを使い分けると、良い釣果に恵まれるかもしれません。

釣り場が綺麗なのは、間違いなくフィールドを大切にしている方々がいるからです。
いつまでもこの美しい積丹半島と、フィールドを大切にし、後世に伝えていきたいものです。

 

18870215625cebe2a0ad6ac

次のミッションは、本命青物を新色にて手中におさめたいと思います。
ではまた。

2019.05.28 09:07 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2022年12月
S M T W T F S
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ページトップに戻る