BLOG

2018.04.03

【担当者より】・北海道から、九州から、離島から

「既視感」

「疑似体験」

撃投サイトの良さは、
昔からそこでしょうか。

普通ならなかなか知り得ないエリアの
知り得ない釣りを
レポートをくださる皆様が教えてくれる

読み込むことで、まるで経験したかのような
疑似体験をできる。

 

そんな
本州や四国のみならず

北海道からも、九州からも、離島からも
貴重なレポートをくださる皆様、
本当にありがとうございます。

 

そういえば
今季は北海道東北向けカラーも
少量ですが用意させていただきました。

鮭の稚魚がベイトとして
とても重要視されているそうです。
ゆえにご覧のように
パーマーク(幼魚斑)つきのものが
求められているそうです。

 

弊社の北海道担当営業マン
赤沼が情報収集し厳選した3色です。

撃投モニターをつとめてくださった
北海道の千葉さんや

弊社スポンサードのBS日テレ放送
「夢釣行」のナレーションクリエイター
神谷悠山さんも口を揃えて

 

「 これは食いますね 」
とのカラーでした。

 

さまざまな形で、撃投が
受け入れられてくれると嬉しいものです。

 

ところで今季は撃投系の新製品が結構多く

 

釣りばり製造メーカーとして
イチオシはまず

「ブループラッガー」

 

DSC_0112

弊社として初めての
大型青物迎撃シングルです。

カーブポイントのプラグ用シングルが多いなかで、なぜこのようなカタチを
しているのか?

 

DSC_0111

また、じっくりご紹介させていただきたくおもいますが

まずは、画像をご覧くださいませ。
パッケージにST及びSTXの
パワークラス5と、6の重量も載せていることもご注目ください。

この情報があって、初めての有効ですね。

 

DSC_0113

 

同時に、前述の北海道東北カラーも
ご覧くださいませ。

 

DSC_0116

 

もちろん本州でご利用いただいてもなんの問題もありません。

わたしは、パーマーク入りのグリーンで明石の、防波堤でツバスを
釣ってみたいと思っています。

2018.04.03 10:48 | Categories:担当者より
back
index
投稿はこちら
2022年9月
S M T W T F S
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

ページトップに戻る