BLOG

2017.12.08

三宅島でカンパチ、ストライク!!

●釣行日    :2017年12月5日
●ポイント(場所):三宅島
●お名前    :廣瀬一京

●使用ルアー/ジグ:撃投ジグストライク85g
●使用フック/サイズ:ジガーライト段差ホールド4/0
●魚種/全長(cm):カンパチ5.0kg

 

シーズン終盤。

三宅島にカンパチを狙いに行ってきましたので、レポートしたいと思います。

東京竹芝から、夜中の船に乗って、三宅島到着は4時50分。

朝マヅメから竿を振れるため、三宅島は僕のお気に入りの島です。

今年は何回となく、デカイヤツにやられているので、今回は、準備万端。

ロッドはミュートスアキュラ100Hに、PE4号、リーダーはフロロカーボン14号を3ヒロ。
ジグは撃投ジグストライク85グラム。フックはジガーライト段差ホールドの4/0の新品。

掛かりがよければ、一気に寄せ、一気に抜き上げるセッティング。

 

 

キタッ!!

 

開始から数投、優しい入力で、食わせのフォールをときおり挟んだワンピッチジャークを
25シャクリぐらいのところで、ンンンッ!とロッドに重みが乗る。

渾身の追い合わせを2回入れ、寄せる。

魚がこっちに向いているからか、はじめは巻ける。

ここで反転した魚が、走る。

ジャーーーーーーーーーーーーーーー

5~6キロぐらいのドラグが勢いよく滑る。

上のほうで掛けたから、心にはいくらか余裕があるが、走りが力強い。

ドラグを更に締め、スクワットをするようにしてポンピングで寄せる。

走られそうになっても、ロッドを立てて腰を入れて溜めれば、チリッチリッとしかドラグは出ない。

寄ってくると魚は堤防に沿って横に走る。
角度がつくと堤防の付け根のケーソンの角に擦られやすくなるので、自身も巻きながら横走りして距離を詰める。

まだまだ強い強い。ロッドをグングン曲げ込む。

足腰を使って、最速渾身のポンピング。

そして魚が、まだ暗い水面を割る。

なかなかいいサイズ。

暗くて掛かり所は見えないが、これなら抜けるかな。

せーの、おりゃあ!!

 

10005929045a2890e7331d4

 

カンパチ。実測5.0キロ。初めての5キロオーバー

ヒットルアーは、撃投ジグストライク85g。

ウレシーーー!!

 

このあとは、アカハタだったり、

4231998055a2890e735136

 

地磯では15時ごろにトップでいいサイズのカンパチのミスバイトがあったり、

3923733475a2890e735cf9

 

 

夕方はキントキ、

3734634775a2890e7368be

 

 

翌朝もキントキ(スゴい掛かり方。笑)が3匹釣れたりで、終了。

 

9502165185a2890e737482

 

水温はまだ22度以上あるみたいですが、海には夏の頃のようなショゴの姿はもう無く、今シーズンの終わりを感じます。

全体的にはかなり渋い感じでしたが、一回の旅で、イッピキのいい魚との出会いがあれば十分。

シーズンを締めくくる、いい釣りができました。

2017.12.08 09:27 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2022年8月
S M T W T F S
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ページトップに戻る