BLOG

2017.10.18

夢のような時間。

●釣行日     :2017年10月7日~9日
●ポイント(場所):長崎県 対馬
●氏名      :スタッフ 金川

●使用ルアー/ジグ :撃投ストライク 撃投ジグ ダイビングペンシル
●使用フック/サイズ:ジガーライトシワリ4/0 STX-68 3/0
●魚種/全長(cm) :クエ

 

先日、会社の3連休を利用して、念願の対馬へ遠征に行ってきました!

こんな離島まで釣りに行けるとは、今まで想像もしていませんでした。

誘って頂いて本当にありがとうございます!

 

 

1日目は、ほぼ移動日です。

7時間ほど車を走らせ、博多の朝ラーメンでお腹を満たし、そこからフェリーで約5時間。

対馬へ着いたのは、午後の3時頃。

 

そこから名物船長のいる梅乃家さんにお世話になり、午後4時頃に1級磯サンカクに上げてもらい、実釣開始!

 

01

 

夢のフィールドに胸を踊らせ、まずはダイビングペンシルを投げます。

しかし反応はなく、日も暮れ始めていたので、明日から本番かなと思い始めたところ……担当者2さんにヒット!!

 

02

 

あがってきたのは、70cm前後のヒラマサ。

それから同じ撃投ストライク125gに切り替えてキャストしますが、反応なく夜を迎えました。
夜は、みんなクエ釣りやカゴ釣りをやる中、私はクエのエサにもなるイカを狙いエギング。

500g前後が飽きない程度に釣れますが、クエ仕掛けにも当たりがあまりなく、そうこうしてるうちに潮がぶっ飛び始めたので、明日に期待を膨らませ、就寝しました。

 

 

2日目、朝起きると夜の潮がなくなり、穏やかな海になっていました。潮が動いてないので、朝まずめは不発。根魚を狙ったり、時間を潰す中、再び撃投ストライクを投げます。

そして、潮が動き始めたその瞬間……ドスン!とヒット!!……横の担当者2さんに(笑)

 

03

(テーマはインスタ映え(笑))

 

あまり走らなかったらしく、難なくランディング出来ましたが、あがってきたのは80cm前後のヒラマサ!

すぐ横で釣られた分、悔しさが増します。

意地になってジグを投げ続けますが、潮が早く、150gのジグが底をとれなくなったタイミングで磯替え。

 

04

(川みたいです……)

他の磯にあがってた人の話を聞くと、磯によってヒラマサやクエがよくあがっているみたいです。違う磯に渡り、まだまだ期待に胸を膨らませ、ジグを投げます。

 

撃投ジグ125gに頂いたジガーライトシワリ4/0のアシストをつけ、キャスト。底をとり、底をきるためにハイピッチでしゃくったその時、私にも待望の当たりが!

しかし、すぐに根がかりしたので、魚の確証があまり持てず、デカい藻がついたなと思いながら根がかりを外し、巻き上げていると藻だと思っていたものが横に走り始めます!!

見えてきたのは小ぶりのクエ!

 

05

 

対馬での初フィッシュはまさかのクエでした(笑)

あれだけ、根がかり外すためにバシバシやっていたのにも関わらず、かかってくれていた遠征前に担当者1さんから頂いたアシストフックに感謝です。

 

それから、ダイビングペンシルに切り替え、同行者の松岡さんにチェイスが多発するもなかなか喰わず、再度磯替え。

夜ご飯は梅乃家さんのサプライズ弁当と、松岡さんの鉄板による磯BBQ。

 

06

 

 

いつもは体験できない条件でのBBQに幸せを感じます。これも離島遠征の醍醐味ですね!

それからまたエギング、クエ釣りをしながら、明日朝まずめの好釣果を祈りながら就寝しました。

 

3日目、帰りのフェリーの時間があるので、納竿時間は朝の6時半まで。

夜明けからダイビングペンシルを必死に投げ倒しますが、無常にも反応はなく納竿を迎えました。

 

磯によっては、結構な数のヒラゴ、ヒラマサがあがっていたり、10kgオーバーのクエなんてのも出たみたいです。

綺麗な朝日を拝みつつ、夢の時間は終わりを迎えました……

 

07

 

今回は、釣果にはあまり恵まれない結果となり、正直悔しいですが、この非日常な経験が出来て満足な釣行になりました。

次の自分のテーマとして、ターゲットの魚ごとに撃投ジグの種類、特徴、アクションなど考えなければいけないと思いました。

 

また、もっともっと腕を磨いて、対馬にリベンジしたいと思います!!

 

2017.10.18 09:41 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2022年12月
S M T W T F S
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ページトップに戻る