BLOG

2017.07.24

フッキングに課題

●釣行日    :7月15日~17日
●ポイント(場所):島根県 隠岐の島(道後)
●氏名     :木本水産 KANE

●使用ルアー/ジグ :撃投ストライク、ピンテール45、sibuki
●使用フック/サイズ:STX 68 58 早掛7\0 5\0 3\0
●魚種/全長(cm) :アコウ35cm ハマチ50~60cm 2本

 

投稿が少し遅くなりましたがレポートします。

 

隠岐アイランドにヒラマサ狙いに行って来ました。

相変わらず天候には恵まれておりませんが、それもまた楽しみの一つ、引き出しが多くなると言うもの。

5974b73518082

 

 

5月にバラした大型の悔しさは忘れておりません。

 

初日は午後から出航、底物のクラブ大会と重なっており余った磯に上げてもらいます。

回遊場所の磯ですが湾奥の為、本日は留守のようです。

 

 

 

2日目

向かい風と1日戦う決意で沖磯へエントリー。

風もさることながら、潮が川の様にながれております。

まずはダイペンでサーチ、異常なし。

 

 

5974b7351a3ba

 

ベイトがイワシに変わっているとの事なのでレンジを少し下げミノーを潮下から引いてくるとヒット!

 

引きから良いサイズと確信。

 

前回の反省を踏まえてフッキングを行いファイト!

魚は自分の方に走り根に入ろうとするが、行かしてたまるかと竿を立てて応戦。ドラグが出ます。

 

体制を変えようと移動した所で再び根に突っ込まれます。テンションが消え痛恨のフックアウト。

 

まだまだフッキングが甘いのと良いサイズになると急に賢くなる事、

まだこの時期に良いサイズがいることが分かり俄然やる気になります。

 

 

ここで撃投ストライクのインプレです。

 

個人的には全ての撃投シリーズ要素が少しづつ入っているように感じます、

ただ巻きては軽くお尻を振り、左右にはレベルよりもスライドします。

シャクった感じはノーマルより抵抗が少なく初めにユックリとフォールしてから早く落ちるように思います。
今回は、「底も付近をゆっくりただ巻きから左右に5回飛ばして、大きめのワンピッチで上にシャクり」を3回~4回を1セットで使用したりしました。

 

針のセッティングは組糸部分に張りが無いと糸によく絡みます。#3/0、#5/0の2本がけ1本がけでよく絡みみした、

#7/0などの大針が良いように思われます。針を変えてからアコウがフォールでヒットしました。

 

川のような流れの中攻め続けましたが125gでは太刀打出来ずサンプルの2本とも殉職さててしまいました。

 

スミマセン。

 

 

 

ジクでの誘い足しに限界があったので再びミノーへ、潮下から引いてくるとドスンとヒット、

引きからハマチと推測サクッと片付けて次へ少し大きめのミノーに変え波動を変えて引いてくるとヒット、ヒラマサです。

早めに体制と場所を整え、さあこれからファイトと思ったてころでまた、テンションが抜けてフックアウトです。

 

負のスパイラルから抜け出せません。

 

 

時間を空けルアーカラーを青から茶に変え再びトライ、

ユックリ、ユックリと引いてくるとメータークラスのヒラマサが下から見にきます。

心臓はバクバクですが見切られました。

 

最後に波動の強いミノーに変えハマチを追加で終了となりました。

 

5974b7351909a

 

 

釣友の松ちゃんはラスト1時間トップで、5バイト1フィッシュで 2ヒラマサ足下バラシ、1ハマチ、1?となり

 

二人ともフッキングに課題が残る釣行となりました。

 

5974b735197f6

 

 

あ!?

 

リベンジ行きたい。

2017.07.24 10:03 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2022年8月
S M T W T F S
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ページトップに戻る