BLOG

2017.06.02

課題は沢山!

●釣行日    :5月28日~30日
●ポイント(場所):島根県 隠岐の島(道後)
●氏名     :木本水産 KANE

●使用ルアー/ジグ :タックルハウス ブリットペンシル170
●使用フック/サイズ:STX-6858
●魚種/全長(cm) :目測70cm、100cmをバラシ、アコウ45

 

飛び魚の接岸に誘われて隠岐の島に行ってきました。

 

皆さんこんにちは木本水産のKANEです。

 

 

大マサを狩りたいと飛び魚情報を入手したのが2週間前!

待ちに待った隠岐の島遠征です、と言うか毎回隠岐の島。

 

大マサの水揚げもちらほら、フェリーで揺られて2時間半で到着です。

フィッシングショップヱビス堂で挨拶してから渡船の日新丸さんへ

 

初日は午後からスタート、

岬の先端の磯にエントリー沖合い400mぐらいの場所でナブラが時々発生!

キャストではとどきません。

そのまま初日が終了。反省会へ。

 

2日目

昨日の釣りでは何の情報も得られなかったので

本日も場所をかえ岬の先端にエントリー、

ダイビングペンシルを引きたおします。

 

満潮の潮止まり少し前に今回初のバイト!

水柱が上がり竿に重みがのります。

トラグも出ないので70cm ~80cm と確信一気に勝負に出ます、

勝負がつきランディングと思いきや場所が悪い、

散歩させながら場所移動し抜き上げた瞬間!

 

 

 

………

………-!~

 

ポロん?Σ( ̄ロ ̄lll)

海に帰られました。

アホですね。

その後はヒラマサからの反応は無く腹が立つのでTGエッジで底をたたきアコウを拉致しました。

592fafeb66c23

 
泣いても笑っても最終日、半日勝負です。

外洋側の岬の先端がダメなので湾内の磯をランガン作戦!

朝一におさわり一回で場所移動。

次の場所はカケアガリからのシャロー、

干潮間際なので集中、磯際10mでバホっと出ました。

 

ファーストランでドラグが簡単に出て行きます。

今までに無い重量感、腰を入れて対応。

 

セカンドランを耐え頭の向きを変えて、

 

サードランでドラグがさらに鳴ります。

ハンドドラグをするべきか?ベールを返してフリーにするべきか?

考えながら巻いていると魚体が見え!

デカマサだメーター有りそうと思ったのもつかの間、

また走りだしヒラをうった瞬間に重みがフッと無くなりました。

 

おれの負けです。

 

悔しさと共に自分の不甲斐なさ、

システムやフッキングの甘さ等の課題が多く見つかりました。

 

やはりデカマサは異次元クラス。

 

 

あ~悔しい! 来年待ってろよ!

 

 

以上、

釣果の無いレポートでした。

2017.06.02 09:45 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2022年9月
S M T W T F S
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

ページトップに戻る