BLOG

2016.09.09

【担当者より】・これは、皆様へのお願いです

皆さんにお願いがあります。

あなた以外の他の釣り人のマナーがどうあれ

あなた様だけは、気持ちよく釣りをしてください。

そう、気持ちよく釣りができる方でいてください。
 
釣果を求めるあまりの
我先にと過剰な場所取り
鋭敏な空気感

個人的な感覚でいうならば
そういう方は残念ながら、すぐには改まりません。

せめて、あなた様はそうならぬよう
お願い申し上げます

挨拶程度は、その1日を愉しくつるためには、自然と口を突いて出てくるはずです。

わたしは近所の波止でも、必ず
声をかけてみます

「すんません 隣りで投げさせてもろてええですか?」

 

それは特別なことではありません

 

その一言から、生涯一緒に釣りをするであろう友人ができた経験ももっています。

多くの思いでもできました。

ご存知でしょうか?

日本の磯釣りにはとても長い歴史があります

底もの

フカセ

カゴ

泳がせ
その熟成された磯釣りの世界に

圧倒的に遅れて
ルアーの釣り人たちが入り込んでいるのです。
私たちは、先輩磯釣り師たちの
作り上げてきた磯釣り文化の踏みあとをたどっているにすぎません

 

誰の踏み跡もない磯など

もう、日本にはないでしょう。

 

餌釣りの方も
ほかのルアーマンの方も

すべて

快くいたいものです。

 

我々ルアーマンなど
新参者も新参者。

磯では
赤ちゃんですよ。

 

今後、いつかは磯釣りの1ジャンルとして
ルアーが認めていただけるよう

少なくとも、ここを覗いて
なんらかのステップアップを目指している方
それを心がけてください。

 

また、レポートを寄せてくださるくらいの
経験値をすでに重ねてらっしゃるかたは
後身への、穏やかなる規範でいてください。

 

私たちはいまの時代に釣りをしており

幸い、なんとか、
磯で釣りをさせていただけるようになった。

だけど、まだまだ序章です。

いまは、まだ遠巻きに見られている段階でしかありません。
今後、永く、いまのこの釣りが
磯の先輩方に受け入れていただけるよう
謙虚にいてください。

 

えらそうに言ってすいません
わたしは本当にそう思ってやってきてます。

お願いという形で

マナー、作法

再度お願い致します。

 

いま、出張先の休憩中、今日のレポートを拝読して、書かずにはおれませんでしたので一気に書きました。
 
釣りたいのか?

愉しく過ごしたいのか?

両立が難しければ
どちらをとりますか?

 

よい釣りをしてください。

2016.09.09 15:58 | Categories:担当者より
back
index
投稿はこちら
2022年12月
S M T W T F S
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ページトップに戻る