BLOG

2016.05.16

今年のGWも男女群島へ

●釣行日   :2016.05.04~06
●釣行エリア :男女群島
●氏名    :M-san

●使用ルアー/ジグ :撃投ジグ105~125g、撃投ジグハイパー150g
●使用フック/サイズ:ロック 7/0、9/0
●魚種/全長(cm) :カンパチ75cm、ブリ85cm

 
昨年のGWに続き、今年のGWも男女群島に行って来ました。

当初は5/3~2泊3日の日程でしたが、悪天候により出船不可の連絡を受け一日短縮の日程に変更。しかも5/6は再び天候悪化の予報、実質5/5の一日勝負と気合を入れて臨みました。

前日のうねりが残り、往路4時間30分は身体が宙に浮きっぱなし!乗り物酔いには無縁の小生も流石に酔い気味。

しかし男女の島影が見えると嘘のように体調も元に戻りました。

 

今回上礁したのは長崎鼻。空がうっすらと白み始めた頃、先ずはトップから投げ始めます。上空には鳥が旋回しており、いかにもな雰囲気でしたがモワッとしたチェイスが1回あったのみ。トップを諦めジグにチェンジし、撃投105gを速めのジャークで探ります。
ジャカジャカからワンピッチに変えたところでロッドに強い衝撃が。

とにかく根に入られまいとひたすらゴリ巻きし、無事ズリ揚げたのは4kgちょっとのカンパチでした。

57389c620e843

今までシオサイズしか釣った事が無かったので嬉しい一匹でした。
その後も同サイズがヒットするも強引過ぎた?ゴリ巻きでズリ揚げ時に口切れ。

気を取り直しキャストを続け、ブリ6kgを追加。

57389c620f458

そのうち潮が走り出した為、撃投150gに交換。

再びカンパチを意識したジャークでさらに強い衝撃がロッドに。先程の様にゴリ巻きが出来ず、根に入られない事をひたすら祈り耐えるのみ。ようやく揚がって来たのは8kgは優に超える魚体。
がしかし、ズリ揚げ時に引き波にさらわれまさかのラインブレイク…。

面倒がらずにギャフを使っていればと悔やまれます。
その後は何の反応も無く、昼過ぎの瀬替りで上がった場所も反応が無いまま17時の回収に。

船長によると、夜から雨で荒れるから上がれる場所も無いとの事で今年の男女釣行は終了。

翌日8時の納竿時間まで船内で過ごす事となりました。

船長から撃投軍団の方々の話も色々聞かせて頂き、それはそれで楽しい時間でした。(笑)

 

今回、餌師の方ですが波に道具を皆持っていかれた方がいたとの事。皆さんもどうか安全第一で楽しい釣りをなさって下さい。

2016.05.16 09:34 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2022年10月
S M T W T F S
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ページトップに戻る