BLOG

2015.11.18

コンディションも良く、楽しいファイトでした。

●釣行日   :2015年11月14日
●釣行エリア :北海道南部日本海
撃投モニター 千葉栄治

●使用ルアー/ジグ :撃投ジグ105g ネイビー 撃投レベル100gブルピン
●使用フック/サイズ:ジガ―ライトシワリ6/0、ジガ―ミディアムロック6/0
●魚種/全長(cm) :メジロ 78cm

 

北海道の寒さも少し緩んだ週末、土曜朝時間限定ですが移動しながら竿を出しました。

水温の低下とともにブリも南下しており、北の海で栄養を蓄えた大型ブリも徐々にポイントは南下してきています。
この日は好調が伝えられるエリアにはいるも、朝一番で2kg未満のを一本キャッチしたのみで、大型の気配はありません。早めに見きってポイントを移動。移動先もいい感じで潮が動いていますが、魚の気配はありません。ベイトっ気もなく、鳥も沖にわずかが上空高くを旋回しているのみ。
あきらめずにキャストしてみますが、目の前に現れたのはイルカの群れ!
しかも、キャストして届く範囲を群れが通り過ぎていきます。

これはイカンと思い、大きくエリアを移動。
移動先で車を止めて用意を始めると友人の車が隣に。やはりイルカをみてあきらめ、同じように移動してきたとのこと。
釣り場に着くと、先行者も多くおり、朝マズメには青物の回遊もあった様子。もう引き揚げるとのことで、場所を譲って頂きました。

キャストを続けるも反応もあられず、あきらめて帰ろうとした矢先に、大規模な鳥山が近くで発生。
キャストしてみると、足元には10cm程のカタクチイワシが寄せられています。沖の鳥山ではカモメが水面でイワシを拾っており、派手なボイルはないけれど、水面下にはフィッシュイーターがついている様です。
振り続けていると、先行者にヒット!ファイト中にテンションが抜け、どうやらヒラメ狙いだったため、フックが折れたとのこと。

これはきっと回ってくると思い、あきらめずにキャストを続けると、右側のアングラーにヒット!そして手前までリトリーブしてきた私のジグにもヒット!そして左側にいた友人にもヒット!
群れが回ってきたようです。
先ほどフックが折れてしまったアングラーにタモ入れしていただき、無事にランディング。

5649e4c42bb3b

右側のアングラーも無事にネットインしていましたが、友人は手前で無念のフックオフ。

針がかりを確認すると、上あごに浅く掛かっていました。

5649e4c4245a2

シワリの細軸の選択が良かったのか、針先が出るところまでフッキングしてくれていたおかげで、ランディングに持ち込むことができました。
魚自体は78cm、4.5kgと大きくはありませんでしたが、コンディションも良く、楽しいファイトでした。

水温の推移からみるともう少し北海道でも青物狙いが楽しめそうです。サイズアップを狙いつつも、残りわずかなシーズン、ショアジギングを楽しみたいと思います。

2015.11.18 10:01 | Categories:撃投モニター
back
index
投稿はこちら
2022年8月
S M T W T F S
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ページトップに戻る