BLOG

2015.10.05

青物シーズン到来

●釣行日   :9月29日
●釣行エリア :千葉県 外房
撃投モニター 大野

●使用ルアー/ジグ :ショアラインシャイナーLH-15
●使用フック/サイズ:STX-58 1/0
●魚種/全長(cm) :ヒラマサ95cm 7.4キロ
●タックル   :
ロッド:ヤマガブランクス ブルースナイパー100MH ST/ti
リール:シマノ ツインパワーSW8000HG
ライン:カルティバ撃投PEフラッシュ 4号
リーダー:CNショックリーダー100lb

 
こんにちは、撃投モニター大野です

秋の青物シーズン到来、皆様よい釣りをされていますでしょうか?

 

さて、こちら外房エリアも青物シーズン到来です
アジをベイトにした良型ヒラマサの情報が入り、タイミングよく南房の田原さんから声がかかり行ってまいりました

現地で釣友K.さんと合流し、潮が少ないうちに磯際まで渡り夜明けを待ちました
風は強くないものの潮の上げ込みとともに波は力を増していき、さらにこの日は朝マズメに最高潮位を迎える大潮回り
明るくなって目の前に広がるステージはまさにエクストリームロックショア(汗)
波の間隔はあるものの、沖縄方面にある台風21号からの力強いウネリが入り、セットの波が入ればとても立っていられる状況ではありません

しばらく海を観察してセットの本数や間隔を掴んで慎重にエントリー
何十回と通い込み慣れ親しんだ磯ですが、緊張感はMAXでした
ルアーの選択肢はミノーしかありませんので、一番ボリュームのあるLH-15をチョイス
常に波に対する注意を怠らないよう集中しながら、1,2投しては下がって波をやり過ごすというルーティンを繰り返します

すると、波間に大きなヒラマサのボイルが見え、モチベーションは高まります
投げては波から退避を繰り返していると、ピックアップ寸前のミノーを足元で引っ手繰られるようにバイト!
見えた魚体はメーター級、ほぼリーダーしか出ていない至近距離なのでブレイクを避けるため即座にドラグを緩めてファイト開始
波よ来ないでくれ!と祈りながら、リールは巻かずロッドワークだけで対応します
右に左に走るヒラマサを何とか浮かせて、タイミングよく入った波に乗せ一気に磯上にブチ上げてランディング

56110b7c523fe

しかしそこにも容赦なく波は押し寄せ、両手で魚体を押さえて波をやり過ごし、波のこない場所まで運んでグリップをかけてようやく力を抜けました
ステージは台風ウネリの炸裂する激磯、至近距離で抵抗するヒラマサ相手に全力を尽くしてのファイトはたぶん一生忘れられません(自画自賛ですが。。。)

56110b7c5669c

サイズも95cm7.4キロと十分満足するサイズですが、極限ファイトを制した達成感・充実感に思わず歓喜の声が出ました
56110b7c56e74

付き合ってくれた田原さん、K.さん
情報をくれる漁師さん
釣りに行ける環境
家族・仲間
感動を与えてくれた外房の海
すべてに感謝です

 
秋の青物シーズン、皆様も思い出の一本を手にされてください

2015.10.05 10:00 | Categories:撃投モニター
back
index

ページトップに戻る