BLOG

2015.09.18

青物シーズンの盛期

●釣行日   :2015/09/13
●釣行エリア :宮城県地磯
●氏名    :ジガージャンキー

●使用ルアー/ジグ :撃投ジグ85g ピンクグロー、ピンク、ブルピン 撃投ジグ105g チャートグロー、ピンクグロー 撃投レベル80g スローゼブラ
●使用フック/サイズ:ジガーライトシワリ 5/0 ツイン仕様 片側ティンセル加工
●魚種/全長(cm) :イナダ 33?~50cm

こんにちは。
朝晩の気温も下がり、涼しい季節になってきました。
地元の岩手県南は涼しいというより少し寒いですが、秋の訪れと青物シーズンの盛期を迎え嬉しさを感じています。
さて、今回のレポートも宮城県の地磯からのレポートになります。
いつも同じポイントですみません…。

9月13日 潮は大潮。
釣行前の台風の影響で久々に濁りが入り、いつもとは違う状況に少し戸惑いながらもジグは撃投 85gピンクグローをセットし、フックはシワリ 5/0のツイン仕様。
さらに今回はフックの吸込みを良くしようと、片方のフックにティンセルを加工を施しました。
これは以前、ライトショアジギングで通常のフックとカブトフックを使用して比べた時に、明らかにカブトフックの方が良い釣果が得られたからです。

 

実釣開始。
薄暗さが残るなかキャストを開始します。
潮の流れは緩く、沖に向かって右手側から左手側に少し流れる程度でした。
開始から15分後、最初のフォールから着底後すぐにジャカジャカ7~8回の後、ワンピッチ数回でズシッ!
フッキングしますが、引きがない…。
ゴミかと思いゆっくり巻いていると、途中から生命感が感じられました。
最初の魚だけに、慎重にやり取りし、上がってきたのは50cmのイナダでした。

そしてジグを撃投 85gのピンクに変更し、同じようなアクションで35cmのイナダをあげました。

 

55fae8180acd4

 

次にジグを同じ撃投 85gのブルピンに変更。
キャスト後のフォールから着底後、最初のロングジャークをした瞬間にググツときました。
おそらく着底寸前でアタックしたのでしょう。
難無く寄せて上がってきたのは、36cmのイナダでした。
潮の流れが少し速くなってきたところで、ジグを撃投レベル 80g スローゼブラの側線を塗装したジグに変更。
フォールを意識して数投しますが反応はなし。
通常通り早目にアクションさせ、スローなワンピッチに変えたところでガツッ!!とヒットしました。
フッキング後、少し引きを楽しみながら上がってきたのは、34cmのイナダでした。
サイズは小さかったですが、手を加えたジグで釣ったことがいい経験になりました。

 

55fae8180b49d

 

潮の流れが少し速くなってきたところで、ジグを撃投 105g チャートグローに換えます。
アクションは早めのアクションで追わせてヒットさせるイメージでしたが、ヒットしたのは着底後の最初のロングジャークでした。
フッキングした後は底からゴリ巻きしました。
サイズはこれまた同型のイナダでしたが、さすがに疲れました…。
次は撃投 105g カラーは信頼と実績が一番のピンクグロー。
自分の中では一発大物狙いでしたが、これまたフォールから着底後の最初のロングジャークでヒット。
大型サイズを期待しましたが、引きは弱く上がってきたのは33cmのイナダでした。

55fae8180c060

 

最後に大型を狙い期待しましたが、納竿時間になり渋々終了しました。
今回の釣行はティンセルを付けたフックのテストをしてみましたが、魚の口の外側に掛かっていたりとただ付けただけでは良くならないですね。
長さやティンセルの量など、難しいですが色々と思考錯誤してみたいと思います。
前回の投稿で担当者様からのコメントをいただき、ありがとうございました。
とても嬉しかったです。
シルバーのジグはまだ使ったことがありませんので、ぜひ購入し試してみたいと思います!

2015.09.18 10:07 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2022年7月
S M T W T F S
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ページトップに戻る