BLOG

2022.10.07

320・レイドバックの ポテンシャルに驚かされた一日でした

 

 

こんにちは。ボンクラアングラーです。

3週間ぶりにロックショアへ行ってきました。

この日のコンディションは波が強いが、殆ど無風。

晴天。小潮の上げ6時半スタート。

目標はブリ、ヒラマサ、撃投ジグレイドバックで青物を釣る。

岩手県はショアからブリが釣れている情報が

入ってきてたので期待大にしていざ、キャスト!

まずは潮圧をチェック。レイドバック85g(リアルクリアーベイト)を投入してみると、ボトムはスカスカ、中層は程良く効いていて、表層はスカスカ。

潮が効いている所を入念に探るが食ってくる気配なし。低活性と予測。ジグローテしてみるも変わらず。そのまま1時間経過。流れが変化していたので7時半頃レイドバックに戻してみる。ボトムが潮効いてるようになっていた。指揮者の様なフワフワジャークをしていたらボトムから7しゃくりくらいの時にひったくりバイト!沖の方でかかって食ってきました。サイズは45cmほどのイナダ。

その後もキャストしてみるとバイト!、、乗らない、、。

活性が上がったように思えたのでレイドバックからストライク85g(エッジバーンシルバー)に変更。

ハイピッチでジャーク。当たらない。

ならば、ふわふわジャーク!、、、中層でバイト!

やはり沖の方でかかる、、。波が強いながらも寄せて同サイズのイナダゲット。

その後は続かず8時過ぎから9時半までレイドバックとストライク入れ替えながら勝負してレイドバックで2バイト、同サイズを同じようにしゃくってフォールで2匹追加してこの日終了しました。

レイドバックを使うのは2回目でしたが、

今現状使ってみて思った事はよく飛び、潮圧が1番わかりやすく潮圧があるところを優しくしゃくると

効果的。なおかつ釣れそうなゾーンが丸わかりなのでヤル気にさせてくれるジグだと言うことです。

ある意味頭の中で想像するとレンジの状況が見えてくる、このレンジに魚がいるんじゃないか。

まるで魚探のような。そんなジグです。

ショアジギングはキャストした分チャンスが

訪れると思っておりますが、その分体力が奪われ

集中力もなくなりフックの状態も確認しなくなったり。

そして油断してる時に大型がかかってフックアウトしたり。

完全に体験談ですが、悔しい思いは二度としたくない。

レイドバックは激しくジャークする必要が

無いと思っているので疲れづらいジグだと思います。

疲れてきた時はアングラーの低活性化。

私はあまり休憩したくないのでレイドバック

投入してみるのも良いかもしれません。

特にこれからショアジギングを始めるアングラーさん、体力に自信の無いアングラーさん、ショアジギング釣れないと思っているアングラーさんに

オススメしたいジグだと思いました。

後、最近熱心に青物狙っている同級生の釣りガールにも。

30g、40gのラインナップがあれば尚いいですね。

もちろん万能だと思っておりませんが、

釣れない時程低活性だと思っているので

かなり有効だと思います。

特にリアルクリアベイト。釣れます。

ブリサイズ、ヒラマサはでませんでしたが

レイドバックで釣るクエストはクリア。

魚っ気の無い状況だったのにレイドバックの

ポテンシャルに驚かされた一日でした。

またレポートします。

2022.10.07 09:16 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2024年7月
S M T W T F S
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ARCHIVE

ページトップに戻る