BLOG

2022.07.29

199・初めての自作フックでの釣果でした

●釣行日
2022年7月24日

●ポイント(場所)
関西

●お名前
ツバス

●使用ルアー/ジグ
撃投ジグ125g

●使用フック/サイズ
ジガーミディアムロック5/0

●魚種/全長(cm)
ハマチ59cm

●釣果コメント
7月も後半になり完全にピーカン晴れの真夏釣行でした。

ドン深激流のポイントで朝イチ状況を探る為に何投かポッパーを投げる。しかし案の定表層でのベイトの反応は無い。
早々にジグに切り替えるが緩く流れがある程度。この日は若潮で昼に潮が反転が一回あるだけの予定。これはもしや昼間に潮が変わるタイミングでないとチャンスが薄いかなーとヒヤヒヤしました。
程なくすると潮の向きは変わらないが手前が流れ出す。沖は緩く流されるだけだが手前はグイグイ潮圧がかかる。そんな事を感じていると7時半頃同行者がヒット。しかし残念ながら足元でスリットに走り込まれ足元コンクリート擦られラインブレイク…
バレたのは残念だが魚は居ることが確定した。あとはどれだけ規模の群れが入ってきているか。
しばらく沖は緩く手前は早い潮が続き、同行者と「これ足元で食うパターンあるかもなー」と会話していました。
足元は敷石入っているので根掛りは怖いが足元ギリギリまでボトムコンタクトをして粘る。
そして8時頃、キャストからしゃくり上げ、ボトムを取り直して3回目。手前の潮が流れるエリアに入ってダウンにから巻き上げ底を切る。ジャカ巻きからワンピッチジャーク切り替えた瞬間に重みが乗る。
底を切った瞬間だったので海藻根掛りかと思ってがっかりして寄せてくるがえらく重い。
と思っていたら足元で潜り始め魚である事に気がつく。油断してたのもあり足元に潜られそうになるが一瞬ベールを返し魚の方向を変えてやる。
もう一度テンションを掛けて一気に浮かせる。
浮いてきたところで同行者にギャフ打ちをしてもらいました(当日だれもタモを持ってなかった)
体長を測ってみると59cmの泣きハマチ。あと1cmでメジロと言えたのに笑
ちなみに初めての自作フックでの釣果でした(ジガーミディアムロック5/0)。それぞれのジグに合ったアシストラインの長さを作れるので楽しいですね。

その後お昼前、上げ止まり前に同じく足元のダウンからの巻き上げでヒットするが残念ながら掛りどころが悪かったのかフックアウト。一度目の魚より明らかに大きかったので残念です。

真夏日ということもあってお昼過ぎに納竿としました。

2022.07.29 08:18 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2022年8月
S M T W T F S
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ページトップに戻る