BLOG

2021.09.09

丸々太ったワラサ

●釣行日:2021年8月22日
●ポイント(場所):三陸地磯
●お名前:イエティ
●使用ルアー/ジグ:ヘッドディップ140F/撃投ストライク125g赤金
●使用フック/サイズ:ジガーミディアムロック7/0,ブループラッガー
●魚種/全長(cm):ワラサ/70cm イナダ/50cm

 

 

 

御盆中は海況が悪くお盆休み初日と最終日16日の2日間しか出れず…16日は多少波が落ち着き友人と2人勇んで出撃するも例の如く希望の磯には降りれず第二候補地で開始。

 

朝から鳥が騒がしく沖ではナブラ、鳥山が出ていた挙句射程圏内で追われるトビウオの群れ。

 

ここぞとばかりに2人で追いかけたもののこの日は結局魚からのコンタクトは得られませんでした。

 

盆明け最初の休日22日は波も落ち着き行きたかった磯へなんとか辿り着けそうということで仲間と3人で出撃。

 

現地に着くと多少の波っ気はあるもののなんとかやれそうな感じ、薄暗いうちから周辺でボイルが頻発し中には良さそうなサイズも混じっている様子。

 

ベイトサイズが小さい為140mmクリアカラーを選択しボイル打ちすると中々良さそうなサイズがヒット、合わせを2発入れて立ち位置を変えるため移動してファイト開始するもすぐにフックアウト…

 

その後はダイビングペンシルのスキッピングでイナダサイズをキャッチしたものの表層の反応は薄くなりジグ投入。

18555206116137f25a27ed8

目の前20m~50mにあるブレイクラインを探るとブレイクの際、しかもボトムで中々良さそうな肴がヒット。

 

合わせを入れてファイト開始するも既に擦れている感触が伝わりそれでも無理矢理リフトしようとしたところリーダーから切れてしまいました…

 

獲れない確率が高いであろうところで掛けてしまった事、擦れても切れない程度のドラグ値でファイトしていたら、ベールオープン等々後悔の念は尽きませんが反省を踏まえてジグを再投入。

 

直前の反省を生かし駆け上がりの際を攻めすぎないよう探っているとヒット、今回は根擦れの感触もなくゴリゴリ巻いて抜き上げランディング。

 

3~4kgくらいの丸々太ったワラサでした。

11679510096137f25a2efca

その後は段々と魚からの反応も渋くなり納竿となりました。

11437906786137f2af19cd9

2021.09.09 09:04 | Categories:撃投釣果投稿
back
index

ページトップに戻る