BLOG

2019.08.23

超高速巻き

●釣行日:2019年5月25日
●ポイント(場所):舞鶴沖磯
●お名前:YY

●使用ルアー/ジグ:撃投ジグ85g(ピンクグロー)
●使用フック/サイズ:友人M川作アシストフック(ジガーミディアムロック5/0くらい)
●魚種/全長(cm):メジロ70cm

 

三カ月程前の釣果で申し訳ありませんが、初投稿させていただきます。

京都舞鶴の渡船を利用して、友人M川と沖磯へ渡ってきました。

 

当日は凪で風もほとんど無く、そのような日でないと乗れない一級磯に乗せていただきました。

朝一、ダイペンを投げますが無反応。

色んな方向へ投げ続けていると、沖にナブラを発見!

射程圏内ではありませんが、少しでも距離を稼ぐ為撃投ジグ85g(ピンクグロー)を装着。

やはりナブラが起こるあたりには届きませんが、目に見える生命反応にモチベーションが上がります。

 

沖の様々な方向にナブラが起こる中、フルキャスト後ボトムをとりシャクり始めた瞬間、全く違う方向の射程圏内に起こるナブラを発見!

早くそちらに投げようとジグをフルパワーで回収!

すると、超高速巻きで中層付近まで回収したジグがいきなり重くなり、ヒット!

予想外の事故的ヒットで焦ります笑

ヒラマサ狙いだったのでドラグこそ出ませんでしたが、姿を見せてくれたのは70cmのメジロでした。

20356929225d5e2a52e7c1c

18332996835d5e2a54b41de

完全に事故的な釣れ方だったので腑に落ちない部分もありますが、さすが青物、あのスピードの巻きにも食ってくるかという感じでした。

ナブラを打ちたい一心で、自分が巻ける最大限のスピードで巻いていたので、普段釣りをしている時にはまずしない巻き方でした。(水深もかなりある磯だったので、数回やったら疲れてできなくなる巻き方です笑)

体力を使う巻き方なので多用は難しいですが、今後の釣り方のレパートリーに新しい引き出しが増えました。

 

その後は、射程圏内にナブラも頻発し何度も様々なルアーを通しましたが、ヒットに至ることはありませんでした。

結局青物は1本だけで、キャスティングタイラバで良型のアコウ、ガシラと、フカセをしていた友人の足裏サイズのクチブトの釣果で、昼過ぎに納竿となりました。

7824234535d5e2a54c2d47

4933567635d5e2a54ca6c2

どれも美味しくいただき、満足のいく釣行となりました。

次は事故ではなく、狙って釣った魚を投稿したいと思います笑

2019.08.23 09:16 | Categories:撃投釣果投稿
back
index

ページトップに戻る