BLOG

2017.07.19

目一杯みんなで楽しもう

●釣行日    :2017年7月13日
●ポイント(場所):小浦一文字(照ちゃん渡船)
●氏名     :三浦雅和

●使用ルアー/ジグ :撃投ジグ25g 、40g、撃投ジグ エアロ30g、40g
●使用フック/サイズ:JD-22 #1/0、STX-58 #4、#5、遠投ジグサビキ11号
●魚種/全長(cm) :シイラ ペンペン 20匹以上、ソーダガツオ 15匹以上、シオ 2匹、小サバ 多数
●使用タックル
ジグタックル
ロッド:ZENAQ DEFI MUTHOS TheOutRange105
リール:ステラSW4000XG
ライン:撃投PEフラッシュ1.5号
リーダー:フロロ30lb

プラグタックル
ロッド:ZENAQ DB-S116
リール:BB-Xレマーレ6000D
ライン:撃投PEフラッシュ1.5号
リーダー:フロロ30lb

 

梅雨真っ只中に有給で平日に休みがとれたので、シイラ初挑戦の釣友二人と照ちゃん渡船様にお世話になり、一年ぶりの「小浦一文字」へシイラを狙いに行くことにしました。

釣果情報では、数は上がっているもののサイズはイマイチでしたが、最近まともに海で魚を釣っていなかった為、目一杯みんなで楽しもうを目標に朝の1番船で渡りました。

北の先端に場所を陣取り私は早速ビールを飲み、のんびり朝マズメにむけて準備。

同行者はワインドで朝まで準備体操をしています。

 

明るくなりだした頃に、小サバラッシュがはじまり、ジギングサビキで次々と小サバを釣り上げるサビキマスター達を横目に、私はひたすらトップを投げ本命シイラを狙うもなかなか回遊がありません。

 

完全に明るくなってから40センチちょいのペンペンをトップで仕留めましたが、ここから修行の時間です。

暑さもピークで気が遠くなりそうになりながら休憩をはさみつつ投げ続けますが反応なく…。

 

DSC_0270

 
昼に頼んでいた弁当をたいらげ帰るか帰らないか悩んでいるとペンシルの後ろにチェイスが見え横っ飛びでバイト!

ペンペンをもう一匹追加したところでここからシイラとソーダガツオのラッシュがはじまりました。

 

1499997742746

1499997749166

 

防波堤に残っているのはすでに自分達を含めて6人。

この暑さと反応では無理もないのですが暑い中、我慢して粘ったご褒美に15時くらいまで終始釣れ続け、みんな充分に満足して納竿としました。

 

1499997064835

1499997745854

 

サイズは40~50くらいのペンペンシイラと、40くらいのソーダガツオが主体でしたが、時よりシオの反応もあり、

数えきれないくらいのバイトにみな笑顔が絶えず楽しい釣行となりました。

 

この日の最強メソッドは30~40グラムのジグの表層ジャカジャカ巻きでした。

裏ワザとしては、ジギングサビキで全ての針にシイラがヒットする始末…。

食べる分だけをキープしあとはリリースしました。

やはりサイズの良いシイラを狙いたかったですが、みなで釣りをおもいっきり楽しむという意味では大成功な釣行だったと思います。

 

次回は、ぜひ数ではなく、記憶に残るようなサイズのシイラをこのメンバーで狙いに行きたいと思います。

2017.07.19 10:26 | Categories:撃投モニター
back
index

ページトップに戻る