BLOG

2021.12.28

【 担当者より 】

【 担当者より 】
こんにちは、撃投サイトです。

急に寒くなりましたね。
●さて、今季の撃投サイトも明日で終了です。
さきほど、撃投レイドバックの全サイズの確認をしていました。

このジグのコンセプトは、ちょっと個性的で

「微細な潮圧を感じ取れること」
「動かないこと」という2つのことの融合をめざしたものです。

潮圧をとらえることは、ある意味簡単です。ぐるぐると挙動するジグにすれば、一定のアンカー効果を発生し、大まかには潮の圧力を感じとることができるジグとなるからです。簡単なのです。

●困難なのは「両立」することにありました。

●「動かないこと」と「微細な潮圧を感知する」ことの両立は簡単ではありません。
しかも水平フォールさせるためには非対称フォルムにしなくてはなりません。

●使用するPEラインは細ければ細いほどこのジグの特性を活かすことができます。

●担当者の実感で言えば、100㌘で1.5号、115㌘、130㌘で2号、150㌘で3号。それくらいが潮圧感知を楽しむには限界だと思います。

●4号になると、一気に分かりにくくなり、5号になるとレイドバックの潮圧関知能力はほぼスポイルされてしまいます。

●50,65,85,100,115,130,150と、100㌘前後を15グラムの細かい刻みにしてあるのは、そあいう「感知」を最大限に活かすためです。

●レイドバック進行は順調です。自信作でもあります。
楽しみにしていただきたいと思っています。

●明日はアミダくじを実施するため、弊社女子社員があみだの準備に取りかかります。

●一年が過ぎ去るのは早いですね。来年にいろいろ思いを馳せることができます。

24444

 

 

2021.12.28 16:05 | Categories:担当者より
back
index
投稿はこちら
2022年7月
S M T W T F S
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ページトップに戻る