BLOG

2023.08.28

193・台風の合間を縫って鵜来島へ!

●釣行日
2023年8月13日

●ポイント(場所)
鵜来島

●お名前
スケッチ

●使用ルアー/ジグ
ストライク(125g)ほか

●使用フック/サイズ
自作(チェイス6/0)

●魚種/全長(cm)
ハガツオ(40cm後半)ほか

●釣果コメント
この日は前日に抜けた台風による北西風と、
次に控える台風による南東のウネリが絡む
磯選びに悩ましい状況

上がる磯に悩みましたが、船頭さんの勧めもあり
風が少し厳しいですが水面まで7m以上になる
足場の高い場所へ渡礁しました

風がよく吹いているため
プラグでは非常にやり辛い環境なので
朝イチから終始ジグでアプローチしていきます

足元には海の色が変わるほどの
何万という大量のキビナゴ達!
基本的に緊張感なく優雅に泳いでいますが、
時おり何かに追われるような動きを見せています

「(これはもらったな…!)」

と思いながら、キビナゴパターンにベストマッチで
信頼・実績の居つきトウゴロカラーで攻めますが、
状況に反して一向に反応がありません

アクションや投入角を変えてみますが、
アタリどころかチェイスも無し
しかし、キビナゴ達は何かに追われ
時々パニックになり慌てています

おかしい、おかしい、おかしい…

考えて考えて、投げても投げてもどうしようもないので
気分転換と、逆転の発想で
魚に見つけてもらいやすくする事を目的に
あまりピーカン時には使用しない
マットカラーであるピンググローを投入

ジャークもパニック的な激しいものではなく、
少しでも魚に見つけてもらいやすいかな?
というやや控えめなもの主体に変更

すると一投目からいきなり反応があり、
オオモンハタくんをゲット

これはいけるかも!と感じ、同じパターンで続けていると
正午前に待望の青物のアタリ!

やや小ぶりではありますが、
美味しいハガツオくんをゲットできました

結果論ではありますが、今回はマッチザベイトではなく
あえてベイトとの違いを演出して
目立たせるアプローチがよかったようです

何回やってもルアーは難しいですね…
ただ、そのぶん釣れた時のやったり感は堪らないので
楽しいのですが!

2023.08.28 08:54 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2024年7月
S M T W T F S
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ARCHIVE

ページトップに戻る