BLOG

2022.05.24

88・貴景勝のようなパワーでした

●釣行日
2022年5月19日

●ポイント(場所)
神明間

●お名前
スッポン魂N

●使用ルアー/ジグ
撃投ストライク105g 125g

●使用フック/サイズ
ファイアフック3/0 ジギング組糸80ポンド

●魚種/全長(cm)
ハマチ45センチ、ツバス40センチ、メジロ73センチ

●釣果コメント
同日は朝4時にエントリーも堤防東側は既に満員御礼のため、西側にエントリー。
1週間前は4時着でも二人しかいなかったのですが。朝4時半ごろから6時ころまで堤防東側の方でよく竿が曲がっている。その際は東流で、なぜか堤防西側では、全く当たりはありませんでした。
東流から潮が徐々に緩みだし、レベル80gに変更、フォールでの当たりを期待し、食うてくれと感じながらキャスト継続、潮が止まりチャンスタイムと期待するも特に当たりもなく、西流に変わりだし、徐々に流れもきつくなり、このタイミングでも釣れへんのか、今日もボウズか‥と覚悟していたが、
7時43分、ストライク105gタグフルーツ、ダークリップで底から337拍子の2セットめの33のフォールでヒット、45センチほどのハマチ、自作のファイアフック3/0が上唇ふもとを貫通し、下顎付近を傷つけてしまいましたが、今年度一匹目のため、写真だけ撮りリリース、元気に戻って行ってくれました。

 

その後もさらに西への流れがはやくなり、この潮のヨレの感じ、過去にストライクが良かったので125gストライク フレイムゴールドゼブラに変更、着底後、3時から1時まで竿を動かすようにワンピッチを繰り返し入れていたら、中層でヒット?う?いや抜けたか?と思いフォールを入れたら、追い食いしてきました、40センチに満たないほどのツバスがヒットしてくれました。8時16分でした。

2014407878628b4643740c4

1832250578628b464375c37

そこから2時間キープキャストし、西への激流タイムに入り150ノーマルでやっと底を感じれる程度から西流も少し緩くなり125gのノーマルから、一匹目に釣れたストライク105gに変更後、数投目でした。3時から1時まで竿を動かすイメージのジャークを繰り返していました。
正直、釣れそうな雰囲気はありましたが、疲れもあり、少しでも水につけておけばチャンスはあるとの一心だけで何も考えずにキャストを続けておりました、すると、がっつーん、明らかに今までと違う引き、ドラグの鳴り具合、体が海に持っていかれそうになり鰤だと確信。姿を見るまでは‥
今回は中層付近でのヒット、なかなか浮いてこず、テトラ際でもグングンとワカメやテトラ方面に弾丸のように突っ込みますが、ナイロン3ひろフロロ1ひろのリーダーを取っており、常連さん方にゆっくりで大丈夫との助言を頂き、上がってきたのは結果73センチのメジロでしたが、貴景勝のようなパワーでした。

1859925092628b464388b83

1558975476628b46437cdf4
ここ最近ストライクのタグフルーツ、ダーグリップが個人的に相性が、良いです。
またキープキャストの重要性と時には何も考えてない時にもバイトすることが多々あり、ジグ操作に邪念が薄れて、本来のジグの動きをしてくれるのではと感じた釣行でした。

 

2022.05.24 10:30 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2022年12月
S M T W T F S
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ページトップに戻る