BLOG

2022.04.20

27・山陰地磯で自己ベスト14キロ弱

●釣行日:2022年3月28日
●ポイント(場所):山陰地磯
●お名前:jpia13
●使用ルアー/ジグ:タンゲーラ210
●使用フック/サイズ:ST66 3/0
●魚種/全長(cm):120cm,14kg弱
ローカルアングラーの間で噂されている山陰地磯での大型平政の目撃情報。
今回 運良くその大型平政を釣り上げることができたので投稿させていただきます。
通い慣れた山陰地磯。ゆっくり準備をして、日が上がってからエントリー。干潮からの上げの時合い。

 

開始間もなく、40m程先 ルアーの後ろで大きく広がる波紋。
直後、ドラグが悲鳴を上げ、見たことないようなスピードでラインが引きずり出される。
初期ドラグ負荷は6キロ程。
過去の苦い経験や自分の身体能力と安全のバランスを考えて設定したもの。
ラインを出されながらもショートポンピングで少しずつ寄せる。
ランディングポイントに移動しようと少し体を動かした瞬間に半端ない力で突っ込まれ体勢を崩される。
ラインが沈み瀬に擦れる嫌な感触と魚が頭を振る感覚。
このままではやられる。
数メートル横に移動し、ラインテンションを抜くと運良く瀬から離れてくれたのでドラグを締め込み最後の寄せにかかる。
段々と腕や手が疲労して力が入らなくなっていく。
魚の姿はもう見えている。
魚はもう走り回ることはないけど、最後まで命懸けで抵抗してくる。
神頼みする思いで堪え、低い場所に誘導して波に乗せてランディング…。

 

1253984286259f1bc42928 12923472036259f1bc48b30
獲った…。
山陰地磯で自己ベスト14キロ弱。
「偶然」と言われれは?それまで。ただ、その偶然をモノにするために、何度負けても悔しい思いをしても、諦めずに行動し続けてきた。
報われないことや悔しい思いをすることが多いけど、積み重ねてきたものはきっと無駄にならない。
これからもゆっくりでも自分の正しいと思う方向へ。
釣りをしていて本当に良かった。
そして、いつもと背中を押してくれる妻、同じ志を持つ仲間、山陰界隈の磯釣りの礎を築いて下さった諸先輩方に感謝です。

1428195116259f1bc4be2c

 

フックは信頼のST-66。
これまで多くのメモリアルフィッシュを連れて来てくれました。
ショア初平政も、ショア政初10キロオーバーも、そしてこの平政も。
本当にありがとうございます。
これからも謙虚にして驕らず、感謝の気持ちを大切にして釣りを続けていきたいです。

 

 

 

Rod: MCワークス レイジングブル 104XF-2
Reel:SHIMANO 19ステラ14000XG リブレ Power Arm 88 響
Line : VARIVAS Avani Casting PE5号 プロセレナノダックス130lb
Lure:Fishtrippersvillage タンゲーラ210
Hook:Cultiva ST66 3/0

 

2022.04.20 09:28 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2022年8月
S M T W T F S
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ページトップに戻る