BLOG

2022.04.19

【担当者より】

●播爆ジジンガーさん
播州から高知県まで遠征なんですね。画像を見るとヒラメのヒレには上からフックが刺さってますね。
青物ほど遊泳能力が高くないヒラメは、この刺さりかた多いようです。4月~5月は磯の「中層」をジグで誘ってるとヒラメのヒットが多く見られる月ですし、ファイアフックのフォール対応特性が活きましたね。
ありがとうございます。

●ぐっちーさん
投技ジグ・投次郎とマスクドスピンのコンビネーションの釣果ありがとうございます。
ブレードはセットすると、「巻き」「フォール」それぞれの振動が変化するからアピールの強弱メリハリをつけることでアピールの質を変化させすることができますね。

●磯歩きさん
凪ぎのトップでは超高速ジャークを途中でかますんですか!!  やってみます。
モワッとついてくるけどノラないくやしさ、面白さは凪ぎコンディションの面白さですね。
してやったりのヒラマサもち画像、いい笑顔されてます!ぜひまた操作のレポートお願いします。

●モッキさん
今期もレポート末尾に、いつものコピーをありがとうございます。
コロナ下での気遣いがしっかり活きたんでしょうか?!モッキさんが活性をあげて全員ヒットなんて最高です。
なによりも、よい一日こそがサイコーですね。画像から伝わりまくりです。

●C吉さん
ヒラマサががっつりチンペンをくわえこんでますね。後ろから丸のみバイト。このパターンでのフッキングはトリプルの場合、ベリーへのフッキングと比較して、魚の頭の向きをコントロールしやすいし、バレにくいから安心してやり取りできますね!
今季もありがとうございます。

●とみさん
自作フック画像ありがとうございます。
なんのなんの、バッチリです。
比較的短めの設定ですね。長めのものをつくるときはリング下の束ねの長さもそれにあわせて長く(といっても、一ミリとか二ミリという細かい話ですが)すると、フック同士やジグへの絡みが激減し、フッキング率も上がりますよ。今後もいろいろ試してみてください。
自作は釣りに満足感をプラスしてくれます。

●ざとさん
撃投関連品、いろいろ使ってくださりありがとうございます。
どれも、こだわりをこめております。
ますます大事に、かつ酷使してやってください。
それが担当者の喜びです。

●RYOMAさん
お父さんとの釣り?でしょうか。すでにそれだけヒットさせてるってのはすごいです!!しかも、気難しいときは超絶気難しい舞鶴のサゴシ。今後もガンガン大人顔負けのジグ操作を楽しんでください。数年後には近隣、毛島とか押廻し鼻とかでお父さんと普通にヒラマサやってそうですね。安全に気をつけて!ありがとうございます。

●KNさん
非売品のトートバッグ活用ありがとうございます!
自分も主張しすぎるデザインは、普段使い(銭湯とか)なにやら恥ずかしいので、あんな具合だやってますが、時折「撃投ってデカデカとがっつりプリントしてほしい」という声もいただいたりで、時折はそういうお声も反映させていこうとおもったりもしています。
普段でも撃投気分♪

 

ありがとうございます。

 

35322
担当者より

2022.04.19 11:14 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2023年2月
S M T W T F S
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

ページトップに戻る