BLOG

2021.10.15

LAID BACKの使用感

●釣行日:2021年10月10日
●ポイント(場所):岩手県 地磯
●お名前:ジガージャンキー
●使用ルアー/ジグ:撃投ジグ105g、レイドバック100g
●使用フック/サイズ:ファイアフック 4/0・5/0 ツイン仕様
●魚種/全長(cm):なし

 

 

こんにちは。

 

LAID BACKの使用感がどんな感じか、短時間ですが磯に行って確認してきました。

16837956256166f4922d02c

 

確認する項目は以下の内容です。

・巻きスピードによる、ジグのアクション変化

・フォールの姿勢

・フォールスピード

・シャクる入力の強弱による抵抗感

・シャクった後のフォール感

 

磯に入った時の状況は、満潮の約1時間前。

海面を見ると潮は左から右へ流れており、潮目も近く変化に富んだ感じに見えました。

 

 

・巻きスピードによる、ジグのアクション変化

早速フックとレイドバックを付け、アクションを見たいので足場の高い位置から10mほどキャスト。

フックはファイアフック、4/0と5/0の組合せのツイン仕様をセット。(少し大きめ)

 

ジグが着水時は、ジグのリアから着水した為か、フォールはスルスルっと素早くフォールする感じでした。

 

3mほど沈めた後で、1秒にハンドル一回転のスピードで巻くと、ジグが若干ユラユラしながらスゥーっと寄ってくる感じでした。

 

何回か試してると、引き波になった瞬間に圧が掛かり、少しジグがフラつく感じでした。

 

そしてリールを巻くスピードを今の約2倍にすると、ジグが振れるようになりました。

 

撃投ジグ105gと比較すると、少し大人しめの振れ幅でした。

 

試しにフックを外して同じスピードで巻くと、振れ幅はさらに小さくなりました。

 

やはり、少し大きめのフックが抵抗になっていたようでした…

5562218946166f492bc3b4

 

・フォールの姿勢

前項でも記載しましたが、ジグがリアから着水した場合は、スルスルっと素早くフォールする感じでした。

海中で一回シャクり、ジグの姿勢を水平気味にしますと、ユラユラを水平気味でフォールする姿が見えました。

この時、ラインテンションは抜いています。

シャクっ後にラインテンションをかけたままですと、リアからフォールする姿勢に変わりました。

 

・フォールスピード

撃投ジグ105gとの比較ですが、ボトムまで33カウントの場所で各5回ほど確認しましたが、撃投ジグより1カウント早いか変わらない結果でした。

フォールの姿勢は、軽くラインメンディングしながらですので、水平フォールしている感じは受けませんでした。

ジグをシャクった後、ラインテンションを抜いて確認しましたが、フォール時のジグの姿勢により、早かったり遅かったりが感じられました。

イメージですがフォールが遅い時は、水平フォールしていると思います。

 

 

・シャクる入力の強弱による抵抗感(潮圧感)

入力の強弱ですが、弱めの入力は穂先にジグ重さ乗せるだけ、中間は穂先からロッド1/3くらいにジグの重さを乗せ反発させる感じ、強めはおっさんジャークとしました(笑)

弱い入力は、短いスパンで感じる量が多いので、情報(潮圧感)が多く入ってきました。

その時は、流れのヨレで重くなったり軽くなったり、引き波時とは違う、とても変化に富んだ情報を感じられました。

中間の入力では一瞬の入力だった為か、弱い入力より感じられる情報が少なかったように感じました。

強めの入力は、入力する時間が多く取れる為か、入力している時(長いスパン)に圧を感じましたが、弱めの入力よりは情報量が少ないと感じました。

 

 

・シャクった後のフォール感

弱めの入力からのフォールでは、ライン(リーダー)が張っているためか、ジグの姿勢がリア下がり気味に感じ、フォールスピードも早かったです。

中間の入力と強めの入力は、入力した後にラインテンションを抜くと、フォールスピードが遅くなり、ジグの姿勢が水平になっているのでは?と、勝手にイメージしてました。

 

 

さて、今回魚は出ませんでしたが、確認した内容からどう操作して魚につなげるか。

次はそれを試してみたいのと、レベルやエアロ、ストライク、ウルトラスローとの比較もしてみたいと思います。

 

まずは私なりの感じ方を書きましたが、感じ方や操作の仕方は皆さん違うと思いますし、私の感じ方が合っていたのかなど、レポーターの皆さんの使用感がとても気になっております。

 

それにしても海中をイメージしながらの釣り、本当に楽しいですね!

また、レポートしたいと思います。

19432951816166f492a68f6

 

今回使用しましたタックルは、以下になります。

 

使用タックル

ロッド:ダイコー クロスブリード 100XH

リール:ダイワ ブラスト4500H

ライン:撃投PEフラッシュ 4号

リーダー:フロロカーボン 35lb

フック:ファイアフック 4/0,5/0 ツイン仕様

Cultiva ボールベアリング4号

Cultiva スプリットリングハイパーワイヤー#7

Cultiva ソリッドリング 5.0mm

 

2021.10.15 09:11 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2022年8月
S M T W T F S
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ページトップに戻る