BLOG

2021.08.05

イメージと一致した嬉しい1匹

●釣行日:2021年8月1日
●ポイント(場所):神明間
●お名前:スポアライ
●使用ルアー/ジグ:撃投ストライク125
●使用フック/サイズ:シワリ4/0
●魚種/全長(cm):69

 

 

 

2回目の投稿させて頂きます

 

この日は12時半からスタートフィッシング、その時点で3人ほどのジギンガー(同志)さんがおられました

 

いつもよく会う明るい常連さんも『ジグ釣れんから今日はタコやで~』とタコモード?

 

釣れてないんかぁ、まぁそのほうが人も少ないしええかと前向きにでもここは去年もさんざん釣れてないといえど時間は関係なく誰かしらはブリやらなんやらあげてるのを目撃しておりますので、関係ありません(自分以外)

 

ノーマル105グラムをセットし、潮の様子を確認、自分は上手いこと表現することができませんが、潮に対してフィットするジグを投げるようにしています、上手いこと言うならば水を噛むイメージとでも言うのでしょうか、とりあえずフィーリングです、

 

エアロならば、これうまいこと水中で尻尾振れとぅやろなと感じれば使用します、

 

このような感じでエアロ、ストライク、ノーマル、レベルを駆使して投げ続け、気がつけば18時に‥潮がだんだん効いてきて、ノーマル105gでも底取りにくいなぁと思い、ストライク赤金125gに変更、スライド意識させようと思い、投げたところ、フォール中にめっちゃ糸出るなぁと、まさかなぁと思っていたが、これはヒットだと確信し、ベールを返す、ヒットヒットと心の中で叫びメジロ以上と確信、サイズは約70センチでしたが、自分の水中イメージと一致した嬉しい1匹でした

1382507091610a30b2ca2bb

961537973610a30b2ba053

ルアー回収に失敗しエアロ80が顔面眉部に直撃し出血の痛みもこの一匹で和らぎました

 

サングラスしてなかったら針も目ん玉入ってたかもしれないので、こんなヘマするのは自分だけかと思いますが皆様も怪我にはお気をつけください

 

色々な投稿を拝見し、魚が追尾するのがわかるとおっしゃられる方もいますが自分には全く分かりません、通い詰めて自分なりにそこの領域に達せれるようになりたいです

 

読んでいただきありがとうございました

2021.08.05 09:21 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2022年10月
S M T W T F S
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ページトップに戻る