BLOG

2021.07.16

初めてのロックショアフィッシュ

●釣行日:2021年7月11日
●ポイント(場所):神子元島
●お名前:ロックショア1年生
●使用ルアー/ジグ:撃投ストライク
●使用フック/サイズ:4/0
●魚種/全長(cm):カンパチ
●釣果コメント

 

 

 

人生で3回目のロックショア釣行。

 

地元から比較的アクセスしやすくロックショアといえばとよく聞く神子元島は本場へ渡磯。

 

 

前回の釣行は昨年9月

 

それから10カ月間YouTubeやネットでひたすらロックショアについて色々学んできた事を1つずつ思い出しながら準備開始。

 

大潮上げ止まりに渡磯。

 

釣れるイメージしか湧かない。

 

明るくなって釣り場をよくみると大型河川の河口かと思うほどの水道。

 

これが噂で聞く沖磯の激流かとワクワクが止まらない。

 

向かい風も10m近く吹き激流も下潮と相まって余計にキツくなって来た。

 

周囲のアングラー達は朝の地合いが過ぎ休憩したり他の釣りものをやりだしていましたが1人諦めずに撃投ジグを投げ続ける。

 

 

130gから始め85gまで落として来た水道の流れがキツ過ぎてボトムを感知できない状況だったが逆にその激流にストライクを馴染ませながらフォールを繰り返す事8投目。

 

ボトムタッチしたのかな?位のアタリを感じたが乗らず。

 

通常なら根がかりを避ける為に回収する位置だったが直前のアタリが気になり数回しゃくりあげたその時今まで感じた事のない強い引きにラインが引っ張られた。

 

初めての磯上でのファイト。

 

興奮し過ぎて詳しいファイト内容は覚えていません。笑

 

とにかく無我夢中で魚を寄せて無理やりハンドランディング。

 

ランディングしてから5分は呆然と立ち尽くしたと思います。

 

ロックショア猛者の先輩方から見ればまだまだ小型なカンパチかもしれません。

Processed with Rookie Cam

ですが僕にとっては初めてのロックショアフィッシュ。

 

震えが止まりませんでした。

 

少し落ち着いてからカンパチを掴み仲間のもとへ。

 

たかだかくカンパチを持ち上げ見せた瞬間の気持ちよさが忘れられません。

 

今回の釣行で学んだ事はみんなが諦めても投げ続ける事でした。

 

撃投ジグのポテンシャルを信じてしゃくり続ければ必ず釣果につながると確信した釣行になりました。

 

初めて釣ったカンパチ一瞬忘れられないと思います。

 

娘達も美味しいと喜んで食べてくれてとても嬉しかったです。

 

次は10キロオーバーのヒラマサを狙ってひたすらしゃくり続けてやろうと既に企んでいます!

159107431260f04dfe33502

2021.07.16 09:14 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2022年8月
S M T W T F S
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ページトップに戻る