BLOG

2021.06.02

【担当者より】・フックストッカータンデムについて

【 担当者より@撃投サイト 】

●「フックストッカータンデム」について

・大型プライヤを2丁同時に収容できること。
・錆びるパーツは一切使用せず、腐食に強いこと。
・素材は耐久性が高く、速乾性でメンテナンス容易なこと。
・縫製は基本的にダブルで高強度のスレッドを使用し耐久性が高いこと
・後づけ後外しがバックルでで瞬時にでき脱着ストレスがないこと

 

などが基本機能です。

 

従来のプライヤストカーシリーズのもつ基本機能はそのまま維持しつつ
その特性から、やや大型化してDカンを除く全長は25cmあります。

 

2丁収納することで、その重量負荷に耐えられるように
ベルトは35mmと幅を拡大。またそれに応じてバックルも大型化しています。

 

装着クリアランスも16cmありますからライジャケのストラップに一気に2つ通せたりもします。

 

そもそも磯の釣りはスプリットリング等に使用する「作業用」と
がっつりカエシまでいった66クラスのフックを、大型の魚の口から外すための強力プライヤーと
2丁持つことが多いと思います。

 

20㎏や30㎏という魚になってくると口も硬く、スプリットリング用のプライヤでは
捩れてしまって破損したりといったことも起きてきました。

 

いままでは別々に収納したり、ストッカーをふたつベルトにつけたり、、とそこが結構面倒でした。

 

あとは細かいことですが、プライヤーが抜け落ち防止のストッパーはベルクロ式ですが
フリーにしたときの長さは15cmにもなります。

 

強風での釣りも磯ではつきもの。システム交換時などに風ではためいたPEが絡むのは
目に見えています。そんな小さなストレスも解消したく、仮止めできるベルクロ(メス)もあしらってみました。
それら、トータルで、磯の大型対象魚を想定したストレスを解消するための2丁ストッカーです。

 

着脱容易で、強くて、錆びなくて、洗ってもすぐ乾いて、風が吹いてもPEが絡まずに、
そんなストッカーが必要だと思ってました。

 

すでに発売中のプライヤストッカーシリーズが皆様のおかげさまで好評で、販売実績も
ちゃんと後押ししていただけたので、こういったさらに「磯」に特化したものを企画支えていただくことができました。

 

いつもながらありがとうございます。

5904

5916

5917

5918

5919

5920

5921

5922

5923

5924

5925

5926
●メモリアルワッペンについて

10キロオーバーの青物御三家をはじめ、GTやマグロなどをレポートくださった方に差し上げています。
本日いただいたナガヤスさんのキハダマグロでなんと今季すでに3名の方にお送りしております。

 

実はこのワッペン、昨年はわずかな枚数しかなかったのですが、先日少し追加で刺繍してもらいました。

 

10キロの夢。

 

デッキからなら、さほど労なくヒットもも得られるでしょうし、ランディングもスムーズでしょう。

 

けれど、磯からの10キロオーバーというのは、そう簡単でないことは皆さんもよく知るところですね。
その後に拡がる20㎏、30㎏、もしかすると50kgといった魚が憧れではなく、現実的なターゲットとして
認識され始めるひとつの足がかりと言っていいのではないでしょうか?

 

そういう意味では、経験してしまうと恐ろしい事です。
底なし沼のようです(苦笑)。

 

そろそろ自分も、緊急事態宣言解除後のことを思って、半ば諦めのようにしまいこんでいた太糸を巻いた
リールを巻き替えておこうかと思い始めました。

 

ナガヤスさん、またレポートをお待ちしております (*‘∀‘)

5903

2021.06.02 15:41 | Categories:担当者より
back
index
投稿はこちら
2022年9月
S M T W T F S
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

ページトップに戻る