BLOG

2020.11.09

久々のメジロサイズ

●釣行日:2020年11月2日
●ポイント(場所):大阪湾岸
●お名前:朝 練太郎
●使用ルアー/ジグ:各種鉄板バイブ+マスクドスピン投次郎30g・40g+マスクドスピン、撃投エアロ40g
●使用フック/サイズ:STX-58#4、ジガーライト早掛#1/0
●魚種/全長(cm):メジロ68cm

 

 

飛び連休の間の平日に有給をいただき、ホームグラウンドの大阪湾岸エリアへ釣行しました。
仲間内の情報では連日朝マズメにサゴシのサービスタイムがあり、その後はハマチがぽつぽつといった感じでした。単調な波止とテトラ帯のエリアなので、やはり流れの変化の出るスポットに釣果が集中することが多く、平日の利を生かし何とか良いエリアの近くに入ることができました。

 

朝マズメ鉄板バイブレーション+マスクドスピンで手っ取り早く探ります。サゴシタイムでもメジロ以上のヒットもあるのでマスクドスピンに組み合わせるフックは念のためSTX-58を使用しました。すると情報どおりいきなりサゴシがヒットしましたがブレイク…

 

サゴシはなんとなく早巻でサクサクっと釣りたかったのですが、アタリ複数回あれど結局釣りあげることはできず(涙)

 

周りでは普通にジグ単体で普通にワンピッチで釣りあげており効率よく釣るのは難しいなと思いました。

 

そうこうしている間にサゴシタイムが終わり、周りも沈黙状態になり、たまにハマチが上がる感じの状況になりました。

 

釣っている人のアクションの速度や緩急のつけ方、使っているルアーやジグのタイプ、ロッドの角度、硬さ、サビキの状況などを観察し、いつも会う散歩のおっちゃん達から情報を聞きながらワンチャンスを狙います。このおっちゃん達は、毎日このポイントを見てらっしゃるのでいつも貴重な情報をいただき感謝感謝です。

 

人より沖を狙うため飛距離を優先し、エアロの40gを選択、緩急様々なアクションを試すためハリはジガーライト早掛け、また90オーバーのブリもまれにヒットするため#1/0のシングル仕様。当日は波止エリアで、平日のため人も満員ではないのでロッドもミディアムクラスのシーバスロッドのソフトめなティップでジグをあまり飛ばさないアクションを基本としました。

 

特に美味しそうな潮目があるわけでもなく、特にいい流れがあるわけでもなく、、、
いつも通りの平和な時間のなか、少しのジグの抵抗の変化を感じるラインを全集中で探ります。

 

最近は時合いが遅く粘ればポツポツと釣れるので、いつ来るかいつ来るかと結構期待しながら、毎投ちょこちょことアクションを変えながら投げ続けます。
しばらくしてミディアムテンポでボトム狙いのタイミングでついにグニュっとティップが抑え込まれ瞬間的にフッキング!

 

波止なので安心してやり取りし、寄せてからの本気ダッシュで何度もドラグを出されながら久々のメジロサイズの引きを堪能しました。

6562750645fa619ca9cf26

時合の勢いではなく、粘って試行錯誤して釣れたうえに良型だったので喜びも一入でした。

 

結果として釣れはしましたが、特に水流の変化があるラインでもなく、ベイトがざわついたり潮が動いたタイミングでもなく、単発で結局後が続かずあの時の狙い方が正解だったかどうかは魚に聞いてみないとわかりません。なぜ私のルアーに喰いついてくれたのか?一度魚さんに小一時間ほど訊いてみたいものです。なのでまだまだ「釣れた」感は拭えませんが、湾岸のライトショアジギングの面白さを堪能しました。

 

近場の海での気軽な朝練でも、毎回何らかの目標やテーマを掲げ、それを達成すると嬉しいですし、達成しなくても絶対に何か気づくことがあり毎回勉強させられます。
今後も自分なりにできる範囲で釣行を重ねたいと思います。

 

 

 

2020.11.09 11:15 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2022年8月
S M T W T F S
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ページトップに戻る