BLOG

2020.11.06

今季最後の魚

●釣行日:2020年10月11日
●ポイント(場所):宮城県 県北 地磯
●お名前:ジガージャンキー

●使用ルアー/ジグ:撃投ジグエアロ95g、撃投ジグ125g
●使用フック/サイズ:ジガーミディアムチェイス 7/0
●魚種/全長(cm):イナダ / 45cm、35cm、40cm

 

久しぶりの投稿となります。

今回は私が通う、三陸の青物ロックショアジギングのシーズンが終わりを迎えたようで、最後に魚をキャッチした時の模様をお伝えします。

当日の海は横風が凄く、しかも波も高かったため、かなり高い所に立ち位置を取りました。
通常なら先発のジグは、撃投ジグ85gピンクグローで海の状況を確認しますが、横風爆風の状況からジグは撃投ジグ エアロ95gと決めキャストを開始しました。
・撃投ジグ エアロ95g ピンクグロー

高い足場でしたので、当然ラインは風に流されましたが、リア重心のジグである為に飛距離は出ました。
着水後もラインは風に流され、着底するまでにかかる時間はいつもより遅く、着底感もほんのわずかでした。

ジグをシャクる際に、風の影響を少しでも少なくするため、竿先を下げてシャクっていきました。

数投するとボトムまでのカウントがだいたい把握出来たので、着底感を感じない時でも根掛かりしないよう、着水からカウントしてボトム付近からシャクり上げる作戦にしました。

それから数投するとジグに違和感…
爆風で全てが違和感と思えましたが、生命感のある感じが伝わり、その後もシャクるとジワりと重い感覚…

違和感ある時は合わせる!と思っていたので、思いっ切りラインを巻いて鬼合わせ(笑)

すると生命感!!
何かな~っと思っていたら、イナダさんでした。

753860115fa40b5732771

その後はカラーを変え、同じようにイナダをキャッチ。
・撃投ジグ エアロ 95g ブルピン

6362569645fa40b5735aee

そして風が少し弱くなってきたので、撃投ジグ125g に変えて磯際まで丹念にワンピッチで探ってくると、いい感じにシャクれてるなあ~っと思った瞬間にヒット!
魚はイナダさんでした。
・撃投ジグ 125g ネイビー

6332031095fa40b573966c

その時はちょうど風がやみ、ジグと海の状況とシャクるフィーリングが合ったような感じで、言葉では言い表すのが難しく、「あっ、ヒットしそうだな~」と、いうような感じでした。

その後はまた風が強くなり、エアロに戻してカラーチェンジを繰り返しますが、魚からの反応はなく納竿としました。
さて、今期は撃投ジグエアロのモニターをさせていただき、いつも以上にエアロを使用する機会が多かったように思います。

それ故に得たものもあり、とても貴重な体験でした。

冒頭にもありますが、私の通うフィールドの青物が終了を迎えたようですが、あと一回だけ行ってみようと思います!
水温もギリギリですが、行かなければ釣れないですし、投げなければ魚とも出会えません。
釣れる確率は低いですが、やりたい気持ちが大きいので行ってみます!

次のブログはその模様と、エアロのモニター体験を振り返り、お伝え出来たらと考えております。

 

使用タックル
ロッド:ダイコー クロスブリード 100XH
リール:ダイワ ブラスト4500H
ライン:撃投PEフラッシュ 4号
リーダー:フロロカーボン 35lb
フック:ジガーミディアム チェイス 7/0
Cultiva ボールベアリング4号
Cultiva スプリットリングハイパーワイヤー#7
Cultiva ソリッドリング 5.0mm

 

2020.11.06 11:39 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2022年7月
S M T W T F S
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ページトップに戻る