BLOG

2020.08.28

【担当者より】・ ワッペンと潮のトンネルについて

おはようございます。
撃投サイト担当者です。

突然ですが、9月1日以降レポートをくださった方に突発的なプレゼントのお知らせです。
それはワッペンです。もちろん非売品です。

お盆休み直前に会社で大掃除をするのですが、久々に席替えをしまして
大がかりだったんです。そん時に出てきました(苦笑)
どれくらい前でしょうか・?  あやふやですが多分15年~6位前に製作したものかな?

01

懐かしいですね。
馬場さんがベストにつけてくれたりする頃ですから撃投DVDのころ、15、6年ではきかないかもですね。
書体もちょっと違うのですけどね。
むしろ、ちょっと迫力のある書体でかっこいいとも思えてきます。
黒が1枚、群青色が16枚、全部で17枚あります。

ちょっと値打ちもたせて??
ブリ、ヒラマサ、カンパチ、の御三家で1mオーバー、もしくは10キロオーバーを投稿してくださった
方にさしあげたいと思います。
黒は、上記ご三家青物の20kオーバー、もしくはGTとかマグロ系とかも含めて20k超の
方に差し上げたいと思います。
かつてのアーカイブにも大型の魚の投稿はたくさんいただけており吸いません、本来ならさかのぼって調べて
差し上げるべきところですけど、その辺は限られた手数の事情もあってすいません。
9月以降の釣果でレポートをくださった方に限定させていただきます。
すいません。もっかい釣ってください <m(__)m> ← 謝

 

さて、お久しぶりのガドリーさん、今もいい釣りされてるようで良かったです。
トンネル感じました?。
自分はまだ今年は感じてないです。

潮のトンネルの感覚を感じることができるのは、体調的にも良く
釣りにも詰めて連続して行っているときに、感覚的に鋭敏になってきてるのを
感じますね。
ある種、霊的なくらい魚の通り道がジグにかかる水圧で手に取るようにわかる。
あの感覚は独特です。ジャーキングハイなんでしょうかね?
不思議なことに、メンタル的には何らかのストレスめいたものを感じているときに
トンネルを、自分の場合は感じ取ることができています。

去年の9月もそうでした、暗くなりそうな夕暮れ。革靴のままで、3投でもいいからジグ投げようとおもって
近所の波止であ車内を探してジグは投技50gのみ。

03

04

02

1投めから潮のトンネルも感じ、追尾も感じ
全てがわかったときがあります。

ああいう感覚は、ちょっと表現不能です。
感覚が鋭敏になってるんですね。

水を噛むルアーでは、雑音が入り、感じることができません。
ヘビーなシンキングペンシル、もしくは鉛のジグでしかできません。
潮もある程度ある~激流。そういった一定の状況がトンネルを感じさせてくれますね。

トンネルを感じたときは、魚の気配を感じ、集中し、緊張します。
サイズの問題ではないです。
ツバスでも、ハマチでも、自分は緊張します。
息詰まりますね。

文章が長くなりましたが、トンネルを感じたときは、結果釣れなくても
結構心地よい緊張感で、まるでサウナに入った後(笑)
そんな感じの、ちょっと変な私です。変なことは自覚してますんで、まぁ大丈夫です。(笑)

福助さんも、ライトタックルすぎるヒラマサ!
いつもながら「やったりました感」がぐいぐい来る
リズム感のある文章と親切な画像ありがとうございます。

そろそろ秋のちょっとした気配がしてきましたですね。
良い釣りをしたいものです。

2020.08.28 10:45 | Categories:担当者より
back
index
投稿はこちら
2022年8月
S M T W T F S
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ページトップに戻る