BLOG

2020.07.09

今年1回目の遠征

●釣行日:2020年7月5日
●ポイント(場所):山形県飛島烏帽子群島
●お名前:イエティ
●使用ルアー/ジグ:撃投ストライク105g
●使用フック/サイズ:ジガーミディアム ロック7/0
●魚種/全長(cm):イナダ40~50

 

 

今年1回目の遠征で7/4~7/5の一泊二日で山形県飛島へ行ってきたのでレポートを投稿させて頂きます。
コロナ禍の影響で四月からの遠征予定が全て白紙となってしまい日々悶々と過ごしていました。

 

飛島は磯師界隈では有名ですがルアーマンの釣果が聞こえてこない不安と初めての遠征場所への期待を胸に家を出ました。が、定期船が波風に弱く今回も初日一便欠航により実釣は2日目のみとなり出足を挫かれ気味…なんとか二便で島へ渡り翌日の渡礁に備えて早々に休むことに。

5301851905f05a012a7b7d

翌7/5は3時過ぎに出航し4時には同行者と共に竿を降り始めましたがプラグには反応が無いまま2時間経過…
今回持ち込んだジグはモニターで頂いた2020リミテッドカラーの7本のみ。

 

中でも今回は撃投ストライク105g透けグローをチョイスし地形変化も含めて広範囲に探りました。

 

ある程度海底の地形も理解出来て狙いの筋を少しずつライン、レンジを変えながら探りますが何も反応がありません…ふと担当者様のSNS投稿にあった「聞くようなジャーク」を思い出しイメージを膨らませながら試してみました。

 

ボトム~中層まであまり激しくジグを飛ばす事なくハーフピッチ、ワンピッチを織り交ぜ時折テンションフォールを入れながらボトムから6,7m付近まで上げてきてジグを止めた際にじゃれつくような感触が伝わり二度、三度小さく誘いを入れてやるとヒット40~50cmほどのイナダでした。

2913812915f05a0129f238

 

その後も同じようにジグを使い同サイズのイナダがヒットしましたが抜き上げポロリ。

 

11時のタイミングで瀬替わりするも大移動は出来ずノーヒットで納竿となりました。

 

今回の遠征では思うような釣果をあげられませんでしたが撃投リミテッドカラーを頂いた時からグローでジグのシルエットを小さく見せるような使い分けも出来るのではないかと考えておりました。

 

901タグゴールドは目以外のグロー部分は裏面の6割程度となっていてよりマイクロベイトに対応し易いのではと今季の使い分けの課題としたいと思います。

コロナの影響で皆さん中々思うように釣りが出来ない日々が続いているかと思いますが撃投ブログに投稿されるレポートを楽しみにさせて頂きます。

 

2020.07.09 09:44 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2022年12月
S M T W T F S
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ページトップに戻る