BLOG

2020.05.28

年末に良い魚!!

●釣行日:2019年12月28日~30日
●ポイント(場所):山陰離島
●お名前:ゆうき
●使用ルアー/ジグ:撃投ジグ
●使用フック/サイズ:st66 1/0~3/0 stx58 ミディアムロック9/0 11/0
●魚種/全長(cm):ヒラマサ 102cm/9KG

 
今年も文才のないレポートにお付き合いください。
よろしくお願いいたします。

今年より気ままなショアジガーとしてレポート投稿しておりましたが、
本名のゆうきで投稿させていただきます。よろしくお願いいたします。

今年も気ままに磯に通っていきます。
さて年末良い釣り、良い旅ができたのでレポートさせていただきます。

 

出発は28日早朝。
天気とにらめっこして山陰離島か九州かきめる。。
九州でも良かったんだが31日は爆時化で30日も微妙だったので
山陰離島にきめた。。

ちょっと九州に用事があったんでかなーり遠回りして
12時間かけて渡船場についた。

前日のうねりがまだとれてないようでどこの磯にのるかを悩む。

たまたま知り合いがいたので一緒にのることに。

三人で久々の釣り!

連絡とらずたまたま一緒の考えであつまった。
全員安打のがもちろんよいが誰か一人でも釣れてくれたらよいなー!

そう思いながらいざ磯におりる。

まずは全員プラグから投げ始める。。

波は1、5メーターにたまに2メーターくらいのうねりがくる。
波の方向と波の大きさを気にしながらひたすら投げる。
しかし、風向きと足場の高さがありなかなか思うようにアクションできない。。

みんな反応がないみたいなんで撃投150グラムにミディアムロック11/0をセットし探る。。
沖の潮は軽いが手前に沈み根でもあるのか複雑な流れの場所がある。

そこを念入りにせめているといきなりjigがひったくられた。
あわせをいれて

ゴリゴリよしてくるがすぐにフックアウト↓↓

でも幸先よいんで今日は正月用の魚が釣れるぜ!
そう思いひたすらキャスト。

しかし、、、

同行者がハマチ1を釣っただけで反応がなくなる。。

まじか。。

渋い。

みんなひたすら投げてましたが回収時間1時間前までなにもなし。
僕がさらしをミノーでせめるもベイトがいないさらしでは反応がない。
jigに戻しひたすら投げていると同行者にまたもやヒット。

ヒラゴをゲット。

そして、、

またまた。

同行者に。。

え?

シイラ?

えー!!ヽ(゚д゚ヽ)(ノ゚д゚)ノ!!
日本海でこの年末にシイラははじめてみましたわ~
水温が高い証拠やな。

そして、坊主で僕は納竿。。

車中泊二日目。。一人鍋をして酒を流し込む。。

釣れなかったが投げまくったので後悔なし。
明日どこにのろうか悩む。。

地磯よりにはベイトがいたからそっちに変更するか
それとも実績のある昨日と同じポイントに入るか。。

悩んだあげく

30日は雨だが気温が高い事。

まだシイラもいるくらい水温が高いということは12月最初にいたでかいのがまだいるはず。

チャンスありそうなこと。
色々考えて実績ポイントが気持ち良く釣りができそうだから同じ場所にきめた。
ベイトもなく1日で状況は変わりそうもなかったが気温の変化と水温の高さにかけた。

まあ坊主でも一人気ままに磯を楽しむ!そうきめて車中泊二日目眠りについた。

 

 

爆風と雨で目が覚めた。。

船に乗る前から雨は気持ちが少しまいる。。

風もある。

そして、磯へつく。

さらしがあれば平鱸も狙おうと思っていたが
その期待むなしくベタベタの凪の海が迎えてくれた。

31日は時化で船がでない。

そのため地磯でやる以外は釣り納めになるかもしれない。

よしっ悔いのないよう休まず投げるぞ!!
ベタベタでプラグにはでそうになかったがまずは

タイドプール200からスタート。

そして2投目。

バシャッ!

おっ喰った喰った!

あわせをいれファイト開始。

…。

またフックアウト。。
それからプラグを投げるも二回くらいついてきましたが
反応なくなったんでjigへ。

撃投ハイパー150にミディアムロック11/0を投げたおす。
しばらくせめているとボトムでガツンとヒット!
逃がすか逃がすか。

あわせを三発いれるとまあまあよさそうなファーストラン。
5キロくらいかな?

瀬があるんでむりやりこちらをむけて巻いてると。。

…。。

なぜ?

また?
またもやフックアウト、。

年末に辛い。。
まさか次も…。。
いや次こそは!

気を取り直ししゃくってるとまたヒット。

ゴリゴリよして浮かすとヒラゴちゃん。
DSC_0154

しかしちょっとかかりが浅い。。

外れるな外れるなと祈りながらぶち抜いてランディング!
年末に一本とれたし、ばらしまくりの後の一本に一人磯でよっしゃあ!と叫びました。

長さのわりによく太った3キロのヒラゴでした。

そして潮がゆるみ

魚を処理して

納竿二時間前。

潮がかわり潮目ができてきて
海面に違和感がでてきたのでプラグをセット。。

いつもより小さいタイドプール160にst66 1/0をセット。

なぜかって??

色々考えがあるんです。。

…。

すいません。
ただ疲れてたし、ベイトが小さいから軽くしただけです。

そして、まあ釣れないだろうと一投目。
二回ジャークいれたとこで左から一匹、右から一匹。

水柱。

おっしゃあ喰ったー!

ん?

ルアーは浮いている。

平常心を保ちもう一回ジャークをいれる。
そして二回目のジャークをいれて浮き上がる瞬間。

ジュポッ!!

でかい音とともにルアーが消えロッドに重みがのる。。

あわせを渾身のフルパワーで何発かいれると魚が動き出した。
足場がよいため初期ドラグはいつもよりきつめの8~9キロくらい。

ファーストランもドラグはでませんでしたが、手前にくると軽くドラグがなりました。

あれ?5キロよりはあるなー
足下で一回突っ込まれましたがロッドパワーが助けてくれてすぐに浮いてきました。

あれ?

あれ?

5キロじゃないなー

ギャフは手がとどかないし、波はないからずりあげは無理。。

ゴリゴリよして浮かしたため海面で尻尾たたいて大暴れ。。
冷静にフックポイント見るとリアフックが二本口にかかっている。

多分30秒くらい考えた。

いつも使っているフックよりは小さいが66の1/0が二本。。大丈夫だろう。。

pe5号にリーダーフロロ24号。

少し根ずれしたかもだが多分大丈夫だろう。

スプリットリング若干小さめ。

…。

ここが一番心配でしたがフロントフックはかかってないため
テコの原理でのびることはないはず。。

暴れるヒラマサと何回も目が合いました。
こいつを海面でばらしたら年が越せない。

ロッドはアピアブラックライン106HH

今まで数々の魚をぶち抜いてきた。

いけるのか?

いやいくしかない。

おれたらごめん。っていいながらバットまでしっかりまげ
フルパワーで抜きにかかるとなんなく顔の前を通りすぎていきました。。

やったぜ!

カッコいいサイズ!

7キロくらいあるかもな~

ボガグリップでつかむと

 

 

あれ?20lb
IMG_20191231_114746_419

 

9キロ!

やった!年末に良い魚とれた!

102センチ9キロ良型なヒラマサでした。

 

IMG_20191230_131225DSC_0155

 

信じてなげてよかった。

しばらく眺めて美味しくいただくためしっかり処理しました。

なんと胃袋にはペンペンシイラ笑

そして納竿。。

やりきった!

2019年はでかいのはことごとくばらし、なかなかうまいこと魚が釣れない年でした。

しかし、30日にカッコいいヒラマサを釣ることができ満足でした!
IMG_20191231_114746_415

 

港につき余韻にひたりながらも旅はまだ終わらず。

銭湯で二日ぶんの疲れと汚れをおとし、
30日夜に予定していたロックショア仲間とのキャンプに参加。
二時間移動して合流。

焚き火しながら、釣り談議!
サザエ焼いたり、ジビエ肉や猪肉焼いてもらったり、

最高の宴でした!

 

1577754761469

 

そして三日目の車中泊。

朝ゆっくり起きて平鱸をやりにいこうと思いましたがサラシが思いのほか薄い。。

いつもは31日に釣り納めなんですが2019年は30日に良い魚がでてくれたんで
30日を釣り納めとして31日は海を眺めて終了としました。

移動から何から楽しい楽しい旅でした。

皆様長々とお付き合いいただきありがとうございました。

今年も気ままに磯に通います。

よろしくお願いいたします。

 

2020.05.28 14:43 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2022年7月
S M T W T F S
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ページトップに戻る