BLOG

2019.12.17

美味しい魚を求めて

●釣行日:2019年12月1日
●ポイント(場所):愛媛県地磯
●お名前:マコさん

●使用ルアー/ジグ:KM工房/ティンバーファット
●使用フック/サイズ:STX58 3/0
●魚種/全長(cm):ハマチ:85cm

 

12月に入り水温も20度を下回ってくると、青物(特にブリ系)の反応がとても良くなる
季節です。

私が通うフィールドでも12月に入ってから、サイズ、数、共に安定し、80cm~90cmク
ラスがアベレージサイズ。

釣って良し、食べて良しと、魚を釣るだけじゃなく旬の魚を美味しく食べれるのも、
釣りの楽しみの1つでもあります。

 

早速、先日も朝から美味しい魚を求めてロックショアへと行ってきました。

まだ辺りが暗いうちから磯に降りて、じっと気配を消し静かに夜明けを待ちます。
東の空が白々とし始め、いよいよ釣り開始です。

まだ辺りは薄暗い中で、まずはポッパーで探りを入れます。明るくなるまでは派手目
なアクションは入れず、スローに誘いを入れていくのが、いつものパターン。

辺りが暗い為、ルアーは目視出来ないので、ロッドに伝わってくる感触のみでルアー
のアクションやアタリを感じ取ります。

小さくポッピングさせ、スローのただ巻きでの引き波で誘いを入れます。

すると、いきなりドスンっとロッドに重みが。

思惑通りハマチが食ってきました。

20877501735defa575ca3a0

自分がイメージしてる通りに食わす事が出来た、この瞬間がたまならい快感です。

食わせ後はゆっくり魚の引きを味わいながらランディングポイントまで誘導してフッ
クの掛かり具合をしっかり確認してから慎重に抜き上げてキャッチです。

釣り場によっては、どうしても抜き上げてのランディングを強いられる場面が出てく
ると思います。

そんな場面でもSTX58、68だと安心して抜き上げる事が出来て助かります。

ただ、しっかりと掛かり具合を確認してから抜き上げないと、身切れしたりフックが
伸びてバラしてしまいますから注意が必要です。

私がいつも重要視している、たまたま釣れた、では無く、狙って釣る事が今回も出来
た、満足いく釣行となりました。

体高があり腹回りは脂肪で真っ白な、美味しそうなハマチでした。

 

2019.12.17 09:17 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2022年12月
S M T W T F S
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ページトップに戻る