BLOG

2019.12.16

バラシを防ぐ❝圧縮ロック❞で⁉

●釣行日:2019年10月3日
●ポイント(場所):愛媛県南予
●お名前:川北雅之

●使用ルアー/ジグ:ダイビングペンシル160mm 130mm
●使用フック/サイズ:STX58 STX45ZN
●魚種/全長(cm):ヒラスズキ、ハマチ

 

寝付きの悪いここ数日。

悪いクセであるが仕方ない。クセというより病気に近いのかも知れない。
いい大人の心をわしづかみにする罪な魚が呼ぶのである。

連休が近づくといつもこんな調子で。ソワソワ。

そして、仕事を済ませたら夜には山陽道を走る。

 

夜明け前、釣り場につくと心臓が飛び出そうだ。
こんなことを何百回も繰り返して来たのに今でもドキドキが止まらない。

風もそこそこ、波もほどほど。

支度を済ませキャスト開始。

R-50の早めのリトリーブで所在を確かめるべく歩を進め探ってゆく。

それらしき場所で、

ゴッ!

かかった瞬間からエラ洗い。元気満点の60クラスのヒラスズキ。夜明けにまぶしい銀
ピカボディ。

サイズさておき、はるばる走って出会えると涙でそうなくらい嬉しい。とかなんとか
言っても、やはり釣り師の性。もっとデカいの、もっとたくさんである。

あれこれ工夫して2匹目にも出会えた。

 

ここら辺りから、ヤズとヒラスズキが交互に出るようなかたちでヒラスズキは波気の
乏しさかシモリにタイトに付いている。

シモリ前まではや巻き。シモリ横で減速不規則、抜けるときに一瞬はや巻きからの
デッドスローがはまった感じで次とランディング。

デッドスローで潮に揉ませていたらこの日の最大サイズ87センチがヒットしてきた。

19912277675df4e176361ca

気付けはヒラスズキだけで9本。バラシは一度のみ。

これってもしかしたら!?あの、ウワサの??

圧縮ロック??が効いてる??ガッツリバイトしてきているせいもあると思うが、キャッチ率がいいですね。

これだけ釣って伸びが一回、外す時に折れたのが一回。ST56と遜色ない強度。

 

ヒラスズキが渋ったので沖の潮にダイペンを入れると7キロのハマチがつれました。

19456970985df4e1763c409

ヤズのつもりだったのて嬉しい誤算。

2019.12.16 09:59 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2022年7月
S M T W T F S
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ページトップに戻る