BLOG

2019.06.03

コロコロと肥えたハマチ大。

●釣行日:2019年5月26日
●ポイント(場所):島根県 高島
●お名前:佐藤 禎一

●使用ルアー/ジグ:ダイビングペンシル
●使用フック/サイズ:STX-58,68 2/0~3/0
●魚種/全長(cm):ハマチ

 

今回は春マサ求めて山陰は高島へ、職場の若いのにつれて行って貰いました。

お世話になったのは恵翔丸。朝日を横目に3隻の渡船が疾走していくのはなかなか爽快です。

 

自分達は2人組だったので、先に下りる餌師さん達の荷渡しを手伝ってから3番目に渡礁。

場所は船長におまかせして足場のよい磯に上げてもらいました。

 

そそくさとタックルを組み、同行者は16cmのポッパー、自分は磯際のシーバス狙いでミノーを選択し奥から探ることに。

数投しながら戻ってくると、同行者がなかなかのサイズの魚を掛けているではないか!

曰く何度も自分を呼んだらしいのですが、波の音にかき消されて聞こえませんでした。

慌ててギャフを持って駆け付けようとしましたが、もたついたため磯際でフックアウト・・・残念。

魚はハマチでした。

 

どうやら青物は回っているようなので自分も青物狙いにチェンジ。

先ずはポッパーから。

数投しているとポッパーの後ろにもじりが発生!するも食わず。

すると、同行者からヒットコール!

スイスイ寄ってくることからヒラマサではなくハマチ。

今度は抜き上げ成功し、磯にはコロコロとしたハマチ大。

 

自分も続けと釣り再開するも、自分にはなかなか食わない。

そうこうしていると、ハマチ大を締め終わった同行者に再びヒット!

いつのまにかダイビングペンシルに変更している!

またしてもスイスイ寄せて抜き上げたのは同じサイズのハマチ大。

 

これを見て自分もダイビングペンシルにチェンジすると、バシュッと出てヒット!

が、数秒でフックアウト・・・

 

魚の引きが手元に伝わっていただけに悔しい。

 

その後投げ続けるも、自分には追いもなくなる・・・

対照的に同行者には誤爆が相次ぐ状況に焦りとなんで?

 

これは今日のヒットパターンに自分が合っていないと判断。

同行者をよく観察することに(笑)

 

6004247545cf30b37b175f

7512812185cf30b37bbc17

 

先ず、同行者のダイビングペンシルがホロ系だったので、こちらもホロ系にチェンジ。

が、状況は変わらず同行者には追いや誤爆が続いている。

さらによーくよく見ると、同行者はダイビングペンシルが水面滑走するくらい強い入力でジャークしていることが判明し、

これだ!と実践すると即ヒット!

今度はしっかり掛かってファイト開始。

一応ヒラマサ狙いなので、早めに浮かすことを想定した強気のファイトの結果、

あっという間に浮いたのは同じサイズのハマチ大。

コロコロと肥えて重量はありましたが、よっこいしょと抜き上げて御用。

 

5188452065cf30b37b65cf

 

速攻ファイトで抜き上げたためか魚は磯で大暴れするも、フックはカンヌキをしっかり貫通していたため全く抜けることなく、

魚肉を保持し続けており、プライヤで外すのが大変でした。

 

魚を締めてタイドプールに放り込んで再開すると、間もなく再ヒット!

やはり強めのジャークによる強い波動が今日のヒットパターンのようで、

納竿までの間魚からの反応は途切れることはありませんでした。

魚のサイズもほぼ同じで、ハマチ大が定期的に回っているようでした。

ハマチ大を2本釣ったところで、安心しちょっと休憩。

 

14877184805cf30b37bac66

 

この日は夏日のような暑さで、冷えた飲物をゴクゴク飲みながら同行者を見ていると、

またしてもヒットしている!・・・がスイスイ寄ってきているのでハマチだな、と思っていると、

足元から伸びているエグレ手前で魚が急速潜行!

これを見て同行者共々ヒラマサだ!と判断し、サポートのために向かいますがいらん心配で、

エグレから魚を引きずりだした同行者の勝利。

サイズは60cmちょいでしたが、本命が回ってきたことで慌てて釣り再開。

数投目のダイビングペンシルにバシュッとヒット!

先のハマチよりも強い引きだったので期待しましたが、ハマチのスレ掛かり・・・

ハマチは十分なのでこれはリリース。

そんなこんなで同行者がヤズをリリースしたところで、納竿時間を迎え高島を後にしました。

 

20159772585cf30b37b7d56

 

締めたハマチの内臓を出した際、胃袋の中から半分消化されてはいたものの20cmくらいのトビウオが入っており、

同行者のハマチにもトビウオが入っていました。それでトッププラグへの反応が良かったのかと思います。

今回は全てポッパーとダイビングペンシルの釣果で、ローテーションでジグも投げていましたがジグにはヒットせず。

ただ、ジグで潮の抵抗を感じることができたため、終始チャンスはあると諦めずプラグを投げ続けられました。

さてさて、次はどこへ行こうかな?

 

2019.06.03 09:50 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2022年7月
S M T W T F S
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ページトップに戻る