BLOG

2019.05.07

南薩諸島(宇治群島と草垣群島)へ遠征

●釣行日:2019年4月30日
●ポイント(場所):鹿児島県宇治群島
●お名前:佐藤禎一

●使用ルアー/ジグ:ストライク125g
●使用フック/サイズ:JF-36 7/0
●魚種/全長(cm):ネリゴ

 

GWは昨年と同じく南薩諸島(宇治群島と草垣群島)へ遠征してきました(渡船はどちらもハーバーワン)。

今回集まったのは自分も含めて5人(広島1、岡山1、姫路2、名古屋1)のショアルアーマン。
宇治群島は2チーム(2人と3人)に分かれて渡礁し、自分は岡山のH君(30歳)とヤングチームを結成。終始雨というなかなか辛い天気でした(よって写真は帰宅後のみ)。

最初に上がった磯は足場にマロニーみたいなやつがビッシリ着いており非常に滑ります。
フジツボやカメノテの上で投げ続けるもののノーバイト。
時折ボイルが発生しますがルアーには無反応(この時ルアーサイズ18~20cm)。

見回りの時刻を迎え瀬替わり。
後からわかったことですが、どうやらスマのボイルだったようです・・・

瀬替えした磯で自分にネリゴ(ストライク125g)、H君にアカハタ(ワームで)で坊主回避。
ただ、ものすごく水深が浅かったのですが、着底後のロングジャークでジグを左右に跳ね飛ばす動きに反射食いしたようでした。

16550490515cd01841aae9d

その後はな何もなく再度見回りの時間に。

再度瀬替えして鮫島の三段に渡礁。

日没まで頑張るもののノーバイト。
一時的に雨がやんだタイミングで配給ご飯をかっ食らい(ハーバーワンのご飯は漬物や昆布の佃煮がたくさん入っているのでオカズなしでもいけます!)、
サバのブツ切りを撒き餌に夜はアラ釣り(道糸ナイロン16号、今思えば完全に舐めてた)。

19:30頃:いきなりのアタリに竿のされて合わせられずすっぽ抜け

20:00頃:H君に赤いフエダイ系(たぶんゴマフエ)の魚がHITし、取込み寸前でフックアウト

04:30頃:投入一投目で即アタリがあり、三段引きの二段目を膝で溜めて凌ぐものの、三段目の引きでのされてブレイク。

日の出後はジグメインで投げ続けたもののノーバイトで納竿。こちらはパッとしない釣果でしたが、別チームのFさんがデカいスジアラをジグでGETしてました。

 

串木野に帰港した後は民宿に向かいます。美味しい料理(カンパチのアラ炊きが最高)と冷たい生ビールでお互いの健闘を称え、温泉で潮抜き&リフレッシュ。
入浴後は缶ビールを飲みながら草垣群島に向けてラインシステムの組直しとフック交換。
釣り談義に花を咲かせながら、畳に布団というコンボであっという間に深い睡眠に落ちましたとさ。

※ネリゴは後日刺身とユッケ風にして美味しく頂きました。
17044673495cd01841ac08d
4905789305cd01841ad03b

次回、草垣群島編にこうご期待(笑)!

2019.05.07 10:23 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2024年6月
S M T W T F S
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

ページトップに戻る